« もっと科学捜査を | トップページ | リサイクル裁判、キヤノンの勝訴確定 »

ラーメン博物館:旬麺シリーズ【秋麺】

ラーメン博物館の秋麺。

今回はいろいろあって、日程的にきつかった。最後の方はちょっと駆け足。

07102101 いつも奇をてらいすぎて私の好みとはズレている「欅」の旬麺だけど、今回はいつもと違って比較的オーソドックス。スープ表面に浮いているのは脊脂で、こってり系。

支那そば屋

07102102 シンプル。洗練された味。ただ、麺がちょっと柔らかいかな。好みはもう少ししっかりした麺。男性にはちょっとボリューム足りないかも。
春木屋 07102103 いつもながら、うまい。ただ、インパクトには欠けるwトンボをメンマ(支那竹)で作るなど手がこんでいるのだけれど。
こむらさき 07102901 人参でいちょう、里芋でまつたけ、というように具材に手間をかけて秋らしさを演出。見た目にはおもしろいけれど、味はあっさりしすぎかな?もう少しインパクトがあっても…
ふくちゃん 07102902 牛テールスープをベースにした醤油に牛筋の煮込み。上に載っている白いのはトロロ。食べていく内に味が変化していくのであきない。嫁さんはトロロ残しやがった。もったいない。
蜂屋 07102903 青梗菜に水餃子という組み合わせはおいしいけど「日本の秋」というイメージではないなぁ。おいしかったけど。
井出商店 07102904 和風。なのに香菜が載ってる。糸唐辛子辛い。
スープは好きなテイストだけど、なぜかぬるい状態で出てきた。ラーメンはアツアツが好きなのに。
龍上海本店 07102905 辛いのが苦手なのでつい最後になってしまったが、これは辛くなかった。細麺と太麺が選択できる。太麺をチョイス。
大振りのチキンローストが2切れ載っている。ボリューム感たっぷり。

全店制覇の記念品は小さいトートバック。
もう一度食べるなら「ふくちゃん」かな。

« もっと科学捜査を | トップページ | リサイクル裁判、キヤノンの勝訴確定 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/16925147

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン博物館:旬麺シリーズ【秋麺】:

« もっと科学捜査を | トップページ | リサイクル裁判、キヤノンの勝訴確定 »