« ボーン・アルティメイタム | トップページ | 電子ブックリーダー:追加 »

Amazonの電子ブックリーダーは成功するか?

 これまでにも松下やSONYなどいくつかのメーカーが電子ブックリーダーを発売してきた。そのことごとくがほぼ壊滅状態であるといっていい。少なくとも成功といえる製品はない。そんな状況の中、オンライン書籍販売のAmazon.comが、電子ブックリーダーを発売した。

「ペーパーバックより軽い」:アマゾン、電子ブックリーダ「Kindle」発表(CNET)

 総重量は約292g、価格は$399。写真を見ると、左側に前後のページ移動ボタン、右側にページスクロール用のホイール、下にテンキーが並んでいる。薄くて軽そうだが、バックライトはないのである程度明るくないと読めないだろう。現物を見てみないと分らないが、面白そうなシロモノではある。

 電子ブックリーダーがこれまでなぜ普及していないか、逆に言えば成功するためのポイントを考えてみよう。

1.携帯性
 いつでもどこでも、さっと取り出してさっと読めなければ紙媒体に劣る。重量もポイントで、あまり重すぎては持ち運びに適さない。読みやすさを優先して表示エリアを大きくしたり、稼働時間を長くするためバッテリー容量を増やしたりすると、重量が増加してしまうため、バランスを調整する必要がある。

2.価格
 Kindleでは、一部を除き一冊$9.99になるという。日本の文庫だと500円~700円程度、厚いもので1000円前後、新書だと800円~1000円くらいかな?感覚的にいえばちょっと高いな。

3.入手のしやすさ
 記事を読む限りネットワーク経由でデータをダウンロードするようだ。無線かどうかは不明。元々Amazonがネット上の書店なのだから当たり前といえば当たり前。これまでの日本のシステムが、さまざまなしがらみからどうしてもいびつな形態(データを書店で販売するなど)になってしまい、それが利用者の利便性を損ねて結局失敗したことを考えれば、現時点ではベストな方法だろう。

4.内容
 というか、本の品揃え。日本の場合、過去の文学作品と書籍の電子化に理解のある出版社からのタイトルが中心で、読者が読みたい本とはズレがあった。Amazonでは売れ筋や新作も用意するようだが、日本でサービスを展開する場合同じようにできるかどうかは不透明。というか、無理じゃないかなー。
 Kindleは新聞の自動配信やWikipediaの参照も可能らしいが。

5.読みやすさ
 これは日本と英語圏で大きく事情が異なる点だ。アルファベットだと最低8ドットあれば読める文字が表示できるが、日本語の場合8ドットだとかなり苦しい。せめて16ドット以上ないと。

 てな感じで、アメリカはともかく日本では電子ブック(とリーダー)が成功する条件はかなり厳しい状況に思える。

 ただ、数年前と変わっている状況もある。ひとつは携帯電話。携帯電話で小説を読む層が増えているそうだ。いわゆるケータイ小説。もちろん、小説の内容も読まれている層に合わせたものが受け入れられているわけで、それがすぐに電子ブックにつながるとは思えないけれど。
 もうひとつはNintendo DSで読む文学全集が発売されたこと。これが比較的売れているようす。11/4時点で約8万本(ゲームソフト販売本数 TOP30集計期間:2007年10月29日~2007年11月4日/ ファミ通.com)、5月発売だからコンスタントに売り上げていることになる。
 つまり、携帯で本を読む環境が少しずつ拡大しているとも言えるが、それは携帯電話やDSが広く一般に普及しているからであって、これを持って電子ブックのシステムが成功するとは言えない。

 うーん、まずは電子ブックリーダーを普及させる必要があるわけだ。でも、電子ブックを読むという機能だけ(じゃないけど)の端末が、すでに普及している携帯電話やゲーム機にどうやって対抗していけばいいのか。それを考えると$399は高くないかい?

« ボーン・アルティメイタム | トップページ | 電子ブックリーダー:追加 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17128497

この記事へのトラックバック一覧です: Amazonの電子ブックリーダーは成功するか?:

« ボーン・アルティメイタム | トップページ | 電子ブックリーダー:追加 »