« Google VS. Wiki | トップページ | 厨の研究(2) »

厨の研究(1)

1.厨の起源

■『厨』とは何か?

 まず最初に『』(ちゅう)とは何を意味するのか、を説明する必要があるでしょう。厨とは、インターネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」から発生した、いわゆる2ch語のひとつです。中学生を意味する『中坊』が『厨房』へと置き換わり『厨』と省略されたのです。どちらかといえば、ネガティブなイメージ、揶揄を込めた表現といえます。

厨房 (ネット用語) - Wikipedia

 言葉の起源からも分かるように、『厨』とは中学生頃にありがちな自己中心的な考えで動く人間を指します。(『自己中』の"中"が"厨"に掛かっているともとれます)現在では、中学生のみならず年齢性別を超えて「人の迷惑を考えないで行動する」「人に迷惑をかけても何とも思わない」「自分だけが良ければそれでいい」といった考え、行動をする人間を『厨』と呼ぶようになっています。
 いわゆる「ジャイアニズム」や「中二病」が『厨』と同義語と言えるでしょう。

 最近では『ny厨』(WinnyなどのP2Pでダウンロードしまくる人間)『ニコ(ニコ)厨』(ニコニコ動画に嵌っている人間)というように『xx厨』=「xx」に嵌っている、xxを崇拝している、xx原理主義的な人々をさす場合にも使われるようになってきました。

 ここでは(オリジナル?の意味に近い)同人関連の厨行為に関して考察していきたいと考えています。厨行為全般を対象にすると広すぎて手に負えませんし、ネットでは同人関連の報告事例が多いからです。したがって、同人独特の用語が出てくる場合があります。随時簡単な説明を付けていくつもりです。あらかじめご理解ください。

■いつから現れたのか?

 『厨』なる人々は最近になって現れた特別な存在なのでしょうか?いいえ、厨は昔から存在しています。厨と呼ばれなかっただけで。

 ある程度の年齢の方なら、自分の若かりし頃の行動の中に「恥ずかしい」と思うようなことがひとつやふたつあるはずです。慣用句にもあるでしょう?『若気の至り』『若さゆえの過ち』と。誰しもが(程度の差こそあれ)今でなら厨と呼ばれるような行為を経験しているのです。

 誰しもが多かれ少なかれ経験したことではありますが、『厨』というカテゴリが作られ多くの人間の共通認識となった背景には、やはりインターネットの存在は無視できません。多くの人々が情報を共有できるようになったインターネット時代だからこそ、昔は「ちょっと変わっているな」とか「迷惑な人がいるものだ」と思う程度だったものが、本当はもっとたくさんいると気づかされたということでしょう。

 ただし、インターネットが厨の増殖を助長したという面もあると思います。ネットで見かけた情報に「ここまでやっていいんだ」「こんな方法があるんだ」と勝手に判断し行動してしまう場合もあるでしょう。また、情報社会ならではの厨行動もあります。

■嘘かマコトか

 自分が好意を持った相手に付きまとうストーカー行為も、相手の気持ちなど考えず自分の欲求のままに動く『厨』な行動です。ストーカー行為にしても、「好きな相手を一目見るために駅前で待ち伏せする」ということだけならストーカーとまでは言えないかもしれませんが、待ち伏せして盗撮したり跡を付けたらストーカーでしょう。また、ストーカーに近い行為をされても相手が美しかったり好意を寄せていた異性だったりすればストーカーにならず、醜かったり嫌いな相手だったらストーカーになったりします。ストーカーひとつとっても、なかなか線引きは難しい問題です。厨行為にしても、「これが厨だ!」と声高に叫んでも、受け取る側の印象はまちまちでしょうから、ここでは一般常識からはかけ離れた行為、異常な行為を『厨』として挙げることにしましょう。

 この後、厨行為をいくつか挙げていくつもりですが、常識から逸脱した行為を挙げていくため「これは嘘だろう?」「作り話だ」と思われる方もいらっしゃると思います。

 確かに情報源はインターネットですから、嘘や偽の情報が含まれて居ないとは断言できません。情報の裏を取ることもほとんど無理でしょう。たとえ、私が実体験を書いたとしても、読んでいる方がその証拠を見ることはできません。元々、インターネットの情報というものは玉石混合、都市伝説ではありませんが「信じる信じないは貴方次第」なのです。
 とはいえ、こうして厨に関する文章を書いている私は、世の中の厨に関する情報すべてが真実とは思いませんが、厨は確かに存在するしその被害に会われた方々も少なからず居ると思っています。

 注:
 文中に【ケース】として挙げている例は、インターネットで見聞した内容を元に短く再構成したものです。

 たとえ嘘であったとしても、「こんなことがあるかもしれない」くらいに考えて、頭の隅にでも置いてもらえれば、何かの折にうまく対応できるかも知れません。そのくらいの軽い気持ちで読んでもらえると助かります。

« Google VS. Wiki | トップページ | 厨の研究(2) »

」カテゴリの記事

コメント

「中二病」と『厨』とは全く同義語とはいえないと思いますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17386497

この記事へのトラックバック一覧です: 厨の研究(1):

« Google VS. Wiki | トップページ | 厨の研究(2) »