« 今日のニャンコ | トップページ | 銀河北極 »

厨の研究(9)

7.派生する厨

子が子なら親も親

【ケース16】
 そろそろプロバイダに通報しようかと思うほど「ブログ寄こせ」とメールを送ってきた厨だったが、ある日、厨の母親を名乗る人物から「子供が欲しがってるのだからあげてもいいでしょ?それともお金が欲しいの?」というメールが──。

 類は類を呼ぶというのでしょうか、厨の周囲には厨(あるいは厨的な)人々が存在する確率が高いように思えます。(確証はありませんが)

 たとえば、親。なりきり厨や押しかけ厨のように警察沙汰になると当然親も呼ばれます。親が常識人なら良いのですが、子が子なら親も親というケースも少なくないようです。ひとつには「子供可愛さ」ということがあります。「うちの子に限って」という子を愛するあまり(たとえ異常な行動であっても)その行為すべてを肯定してしまう親です。近視眼的思考停止状態と言ってもいいでしょう。

 もうひとつは「無知」からくるものです。インターネットのことや著作権に関する知識がないと、乗っ取り厨・騙り厨がどれほど悪いことであるかを理解できないのでしょう。本当は他人に迷惑をかけている時点で悪いのですが。(昔はよく「人様に迷惑をかけるな」という言葉が聞かれたものです)

騙りは続くよ、どこまでも

 騙り厨・乗っ取り厨の中には、自分では埒が明かないと思ったのか、母親や父親を名乗ってサイトやブログを寄こせとメールしてくるものもいます。それがだんだんエスカレートして、弁護士や社長、政治家、果ては住職の身分を騙ってメールを送りつけた報告もありました。そんなメールを送られた側にしてみれば「だからどうした?」なのですが、厨には理解できないようです。

 厨が学生の場合、厨の通う学校の教師と連絡するケースもあります。本来、著作権やネットマナーを教えるべき立場の教師ですから、厳粛な態度で厨を諭し導いてくれるものと思いますが、必ずしもそのような教師ばかりではないようです。被害を受けた側からの抗議に対して「大したことはない」と無視したり、厨をかばったり逆切れしたりするケースもあります。
 もし、教師の対応に不満があれば、その学校の校長へ、さらに都道府県の教育委員会へ苦情を申し立てることも可能なので、厨相手と同様文書や録音などの証拠を残しておくことをお勧めします。

厨の派生種

 親や教師のほかにも、厨の被害にあっている時に頼んでもいないのに余計なことに首を突っ込んできたり、パクリだ乗っ取りだと騒ぎ立てる輩もおり、これは「正義厨」「アドバイス厨」などと呼ばれています。自分に正義があると思い込み、さらには正義ならば何をしてもいいという暴走を招きやすい人間と言えるでしょう。こうした人々は、「自分が正しい」と思い込んだら他人が何を言っても聞く耳を持たない傾向があるようですから、遭遇したとしても無理に説き伏せようとしない方がいいでしょう。

 また、火のない所に煙を立ててむやみやたらにトラブルを煽ろうとしたり、厨の真似をして自分の好きなように人を動かそうとする連中も現れています。

【ケース17】
 なりきり厨から被害を受けている最中、またしても街中でアニメのキャラクター名で呼ばれた。「そんな名前ではない、人間違いだ」といっても聞かない。なぜそんなことを言うのかと問いただすと「ネットで見た」と──。

【ケース18】
 友人が突然「これ、あなたのことでしょ!」と掲示板のログを見せてきた。確かに自分が相談した掲示板のログだったが、面倒なのでごまかそうとした。しかしそんなことはかまわず「わかってるから!で、どうする?やっつけちゃう?」などと大騒ぎをする。

 なりきり厨の説明でも述べましたが、最近ではなりきりを趣味とする連中がネットを通じて連絡を取り合うことがあるそうです。そこで「こんな人がいた、○○(キャラ名)にそっくり」などと勝手に画像や個人情報を掲載してしまい、それを見た連中がさらに押しかけることになります。こうした連中は「便乗厨」とも呼ばれています。どこかの広告ではありませんが、まさに『一匹見つけたら三十匹は~』といった感があります。
 後者の場合は、「野次馬厨」と呼ばれています。関係もないのに首を突っ込んで騒ぎを大きくする連中で、なまじ知り合いだったりするととても面倒です。これまでの対策として周囲に対する根回しを推奨していますが、根回しの際に細かい点まで話してしまったり信頼のおけない人間にまで話してしまうと野次馬厨を生むきっかけになりかねません。

厨の真似をする人間も厨

ネット上では厨報告の際によく引用される言葉があります。吉田兼好の『徒然草』の第八十五段にある次の一節です。
「狂人のまねとて大路を走らば、則ち狂人なり。惡人のまねとて人を殺さば、惡人なり。」
狂った人間の真似といって道を走れば狂人である。悪人の真似といって人を殺してしまえば悪人である。つまり、厨の真似をする奴も厨なのであり、人に迷惑を掛ける厨行為であることを認識して同じことをすれば、自分たちがそうでないと思っていてもそれは厨以外の何物でもないのです。

« 今日のニャンコ | トップページ | 銀河北極 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17513160

この記事へのトラックバック一覧です: 厨の研究(9):

« 今日のニャンコ | トップページ | 銀河北極 »