« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

銀河北極

レヴェレーション・スペース(2)銀河北極

 星間船インロンデル号は、宇宙海賊の罠に掛かり捕獲されてしまう。副長の裏切りにより乗客を連れ去られ、彗星に取り残されたイラベル・ベーダ船長は、乗客を我が子のように感じる精神的条件付けにより、乗客の奪還と復讐のために宇宙海賊の追跡を開始した。数万年に及ぶ宇宙的スケールの追跡劇を描いた表題作『銀河北極』を含むレヴェレーション・スペース(啓示空間)・シリーズを彩る中・短編集。

続きを読む "銀河北極" »

厨の研究(9)

7.派生する厨

子が子なら親も親

【ケース16】
 そろそろプロバイダに通報しようかと思うほど「ブログ寄こせ」とメールを送ってきた厨だったが、ある日、厨の母親を名乗る人物から「子供が欲しがってるのだからあげてもいいでしょ?それともお金が欲しいの?」というメールが──。

 類は類を呼ぶというのでしょうか、厨の周囲には厨(あるいは厨的な)人々が存在する確率が高いように思えます。(確証はありませんが)

続きを読む "厨の研究(9)" »

今日のニャンコ

07122101

右の子はビビリで警戒心バリバリ。
左の子は興味津々だけどすり寄ってくるほどには慣れていない。

07122102 こっちは新顔?見おぼえない猫。
鼻先が黒いのでちょっと汚れた感じがするけど、毛並みはよさげ。

厨の研究(8)

6.近くにいたいの~忍び寄る恐怖

教えていないのになぜか知っている

 厨というか、犯罪者予備軍という気もしますが…。

【ケース14】
 とあるジャンルから別のジャンルに移動する(同人活動をするジャンルを変更する)のを機に、サイトの場所も管理者名・ハンドル名を変更した。しばらくして「(前のジャンル)で活動されていた○○さんですよね!一目でわかりました~」とメールが送られてきた。送信者からの粘着が嫌でジャンル変更してつながりを切ったつもりだったのに──。

【ケース15】
 よく感想を送ってくれる人がいきなり「○○さんって××県の××に住んでいるですよね!高校は△△で、大学は□□ですよね!」というメールを送ってきた。そんなこと教えていないのになぜ知っているのだろう?そして「近くまで行くので会ってもらえませんか?」というメールが──。

続きを読む "厨の研究(8)" »

厨の研究(7)

5.追いかけて押しかけて

うちは宿でも合宿所でもねぇぞ!!

 なりきり厨以外にも精神的・肉体的被害をまき散らす厨がいます。自宅や職場に押しかけてくる「押しかけ厨」です。

【ケース12】
 暮も押し詰まったある日、家の前に見知らぬ女性が立っていた。「●●さん、泊まらせてください!アシします!売り子しますから!」いや、誰も頼んでないし。っていうか、、あなた誰?

【ケース13】
 故郷の友達からメールが来た。「イベントに行くので泊まらせて。あ、友達2人も一緒だからよろしく!」よろしくと言われても、一人暮らしの部屋に3人も泊めるスペースないし、友人ひとりならともかく見ず知らずの人を泊めろと言われても──。

 以前、2ちゃんねるの同人板に「うちは宿でも合宿所でもねぇぞ!!」というスレッドが立てられました。これは地方在住者がイベントの度に都心居住者の知人宅に泊まりにくるという話を書き込むスレッドだったのですが、次第にその内容が知人・友人レベルではなく、まったく知らない相手の家にいきなり「泊めて」とやってくる話が多くなって行きました。

続きを読む "厨の研究(7)" »

ダウンロード違法化に関する文化庁の資料

 以前のエントリー(「結局、ユーザーは置き去り」)でも触れた『ダウンロード違法化』に関して、ITMediaで文化庁の資料全文が公開されている。

「ダウンロード違法化」なぜ必要 文化庁の配付資料全文(ITmedia)

 ダウンロード違法化については、MIAUも非難のメッセージを公開している。

ユーザーの多数意思が反映されていない、MIAUがダウンロード違法化を非難(インプレス)

MIAU : 私的録音録画小委員会の第15回会合に関する緊急メッセージ

続きを読む "ダウンロード違法化に関する文化庁の資料" »

厨の研究(6)

4.あれは私で、私があれで

人に迷惑をかける『なりきり』とは

 騙り・乗っ取り・パクリ・盗用は、精神的には大きなダメージを受けるかもしれませんが、さらに肉体的な被害を及ぼす厨もいます。

【ケース10】
 街を歩いていたら、いきなり見ず知らずの女性に「●●ッ!」と知らない名前で呼びとめられ、「誰のことですか?」「私は●●ではありません」といってもとりあわず、何か得体の知れないアクセサリを渡された。最後に「また会いに行くから!」と言われたけれど──。

【ケース11】
 喫茶店でバイト中。最近よく見かける挙動不審の人がだんだんと増殖して、今では集団でやってくる。挙句の果てに私や店長を変な名前で呼び始めた。余りに迷惑だったので注意すると、「折角思い出させてあげようとしたのにっ!」と怒りだし、店内で暴れられた──。

続きを読む "厨の研究(6)" »

掠奪都市の黄金

掠奪都市の黄金

 古代兵器<メドゥーサ>の暴走により崩壊した移動都市ロンドンから脱出したトムとへスターは、幸せな日々を送っていた。が、飛行船<ジェニー・ハニヴァー>号に探検家・冒険家・歴史家を名乗るペニーロイヤル教授を乗客として乗せたことから、再び騒動の渦に巻き込まれる。反移動都市同盟の飛行船に襲われ辛くも脱出したものの、エンジンが破損。このまま死ぬ運命かと思われたとき、移動都市アンカレッジに救われる。しかしアンカレッジは多くの住民が疫病で死に絶え、残った少ない住民がまだ若い少女に率いられている都市だった。しかも、その目的地は、死の大地アメリカ……。

 遥かな未来、最終戦争により荒廃した地球は資源を求め都市が移動し、互いに食ったり食われたりを繰り返す世界での冒険を描く『移動都市』の続編。

続きを読む "掠奪都市の黄金" »

厨の研究(5)

3.著作権なんてしらないよ(続)

盗用が発覚したら

 あなたの作品が他人に登用された場合、どのような対処をすればよいでしょう?まず、『あなたがどうしたいか』によります。もし事を荒立てたくない、係わり合いになりたくないと思うのなら、見なかったこと知らなかったことにして忘れてしまってもいいでしょう。ですが、多くの人々は何とかしたい、最低でも盗用をやめさせたいと思うはずです。

 盗用を発見した場合でも、いきなり「作品を取り下げろ」といったメールを送るのは逆効果です。相手に盗用を認めさせ、それをやめさせるにはしっかりと証拠を固める必要があるでしょう。

続きを読む "厨の研究(5)" »

文化庁が補償金のなくなる未来を提示

「ダウンロード違法化」の流れに対しこちらはよい方向へ向かっているようだ。

私的録音録画小委員会:「DRMが普及し、補償金がなくなる未来」を文化庁が提示(ITmedia)

 12月18日に開かれた、文化庁長官の諮問機関・文化審議会著作権分科会の「私的録音録画小委員会」の第15回会合で、私的録音録画補償金について抜本的に見直すためのアイデアを文化庁が示した。「コンテンツの複製回数を、DRMによって完全にコントロールできれば、補償金は不要になる」という前提に立ち、「DRMが普及し、補償金のない未来」の可能性について示した案で、委員の多くはこの方向性に賛同した。

 もともと法整備が間に合わず、著作権者側からの圧力に押し切られて始まったどんぶり勘定の補償金制度。CD-ROMやDVD-ROMが「(違法な)コピーに使われるであろう」という思い込みで、関係のない多くの一般ユーザーからも金をむしり取っていたわけだから、これが是正されることは非常に喜ばしい。

続きを読む "文化庁が補償金のなくなる未来を提示" »

厨の研究(4)

3.著作権なんてしらないよ(続)

 直リンとよく似た盗用方法に「フレーム内表示による盗用」があります。他人のサイトを別フレームあるいはインラインフレームに表示することで、“あたかも”それが自分のコンテンツであるかのように見せかける手段です。

フレーム内表示 フレーム内表示

 直リンやコピーによる盗用では、画像などコンテンツの一部だけを持っていくのですが、フレーム内表示ではコンテンツを丸ごと持っていくのですからより悪質といってもいいでしょう。

続きを読む "厨の研究(4)" »

結局、ユーザーは置き去り

 パブリックコメントの内容を踏まえても、結局こうなるわけだ。

私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」不可避に(ITmedia)

 文化庁長官の諮問機関・文化審議会著作権分科会に設けられた「私的録音録画小委員会」の第15回会合が12月18日に開かれ、「著作者に無許諾で動画や音楽をアップロードしたサイト(以下「違法サイト」)からのダウンロード」を、著作権法30条で認められた「私的使用」の範囲から外し、「違法サイトと知ってダウンロードした場合は違法とする」という方向性がまとまった。

 これは、権利者側の「違法サイトからのダウンロードで多大な経済的損害を受けている。(現行法でも違法となっている)アップロードだけでなく、ダウンロードも違法にすべき」という意見をそのまま鵜呑みにしてしまった結果だろう。

続きを読む "結局、ユーザーは置き去り" »

厨の研究(3)

3.著作権なんてしらないよ

人のものは自分のもの

 人の作ったものを自分のものだと言ってしまう───いわゆる盗用無断転載パクリというものは、厨に限らずいろいろな場面で(それこそ社会的に地位のあるマスコミや企業も剽窃することもある)見られるため、気軽に考えてしまう傾向があるのかもしれません。しかし、「ほかもやっているからやっていい」などという理論が通じるわけがありません。著作権で保護された著作物を、著作権者の同意なしに勝手に使用することは著作権侵害にあたります。

続きを読む "厨の研究(3)" »

Aliceは生まれるか

 ビッグローブがウェブ上で音声合成技術の実験を開始した。

ローゼン「真紅」が自由に話す音声合成の実験サイト--ユーザー参加で精度向上を目指す:ニュース(CNET)

 この実験の新しい点は、1.インターネット上で行う 2.ユーザー参加型の実験であること、そして 3.ローゼンメイデンとタイアップという点だ。

続きを読む "Aliceは生まれるか" »

厨の研究(2)

2.騙る・乗っ取る

人のものを自分のものという厨

 警察官だったり弁護士だったり、消防署の方から来たりと身分詐称は詐欺の基本中の基本と言っていいでしょう。まっとうな人間なら自らを詐称する必要はないのですから。
 しかしそうした行為を、悪意もなく行ってしまう輩も居ます。『騙り厨』です。
 騙り厨は、簡単に言ってしまえば「他人に成りすます」厨ということです。

続きを読む "厨の研究(2)" »

厨の研究(1)

1.厨の起源

■『厨』とは何か?

 まず最初に『』(ちゅう)とは何を意味するのか、を説明する必要があるでしょう。厨とは、インターネット上の巨大掲示板「2ちゃんねる」から発生した、いわゆる2ch語のひとつです。中学生を意味する『中坊』が『厨房』へと置き換わり『厨』と省略されたのです。どちらかといえば、ネガティブなイメージ、揶揄を込めた表現といえます。

厨房 (ネット用語) - Wikipedia

 言葉の起源からも分かるように、『厨』とは中学生頃にありがちな自己中心的な考えで動く人間を指します。(『自己中』の"中"が"厨"に掛かっているともとれます)現在では、中学生のみならず年齢性別を超えて「人の迷惑を考えないで行動する」「人に迷惑をかけても何とも思わない」「自分だけが良ければそれでいい」といった考え、行動をする人間を『厨』と呼ぶようになっています。
 いわゆる「ジャイアニズム」や「中二病」が『厨』と同義語と言えるでしょう。

 最近では『ny厨』(WinnyなどのP2Pでダウンロードしまくる人間)『ニコ(ニコ)厨』(ニコニコ動画に嵌っている人間)というように『xx厨』=「xx」に嵌っている、xxを崇拝している、xx原理主義的な人々をさす場合にも使われるようになってきました。

 ここでは(オリジナル?の意味に近い)同人関連の厨行為に関して考察していきたいと考えています。厨行為全般を対象にすると広すぎて手に負えませんし、ネットでは同人関連の報告事例が多いからです。したがって、同人独特の用語が出てくる場合があります。随時簡単な説明を付けていくつもりです。あらかじめご理解ください。

続きを読む "厨の研究(1)" »

Google VS. Wiki

Googleはウェブサービスすべてに覇権を握ろうとしているのか?…なんて思う人間もいるだろう。まぁ、新しいサービスを追加していかなければならない事情もあるんだろう。あるいみ自転車操業?(Wikipedia創設者eikia氏も検索エンジン開発を表明している)

Google版Wikipedia? 知識共有ツール「knol」をテスト(ITmedia)

続きを読む "Google VS. Wiki" »

今日のニャンコ

07121301 相変わらずやぶにらみ。でも前足がかわいい

ベオウルフ

 ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウンにて『ベオウルフ』を観る。ここはデジタル3Dシアターなので、入口で偏光メガネを貰う。平日のお昼だからなのか、私の他に20名程度。特別料金2000円なのでちょっと敷居が高いかも。

 古代デンマーク。怪物グレンデルに悩まされていた王は「グレンデルを倒したものには国にある黄金の半分を渡そう」と触れを出す。何人かの勇者がグレンデルに殺されてしまったが、海を渡って怪物退治にやってきたものがいた。英雄ベオウルフである。彼は見事グレンデルの腕をもぎ取り勝利を納めるのだが…。
 トールキンに再評価されファンタジィの原点とも言われる、古英語叙事詩「ベオウルフ」を大胆な解釈で描いたフルCGムービー。

ベオウルフ/呪われし勇者

続きを読む "ベオウルフ" »

ナンバー23

 動物管理局に勤めるウォルターは、終業間際に飛び込んだ野良犬の捕獲にしくじり腕を噛まれる。ケガのために待ち合わせに遅れた彼が妻アガサを見つけたのはとある古本屋。彼女は「ナンバー23」というミステリー小説を手にしていた。誕生日のプレゼントに、と妻から本を送られるウォルター。最初は暇つぶしに読み始めたのだが、次第にのめり込んでいく。なぜなら、小説の主人公フィンガリングの生い立ちが余りにも自分に似ていたせいだ。やがて、小説の内容と同じく「23」という数字に囚われていくウォルターだったが…。
 ジョエル・シューマッカー監督、ジム・キャリー主演のサスペンスミステリー。

ナンバー23公式サイト

続きを読む "ナンバー23" »

SAW4

川崎の東宝シネマズで『SAW4』を観る。レディスディのためか、遅くの回にも関わらず8分入りで女性客が大半だった。

映画 『SAW4』オフィシャルサイト

 連続殺人犯“ジグソウ”の検死解剖中、胃袋からマイクロカセットが見つかる。そこには死んだジグソウからのメッセージが。『私の死ですべてが終わったと思っているのか?』ジグソウのゲームは続いているのか?残されたメッセージの意味とは?

 面白かったけど、やっぱり残酷なシーンはちょっと苦手。

 以下、ネタバレあり。

続きを読む "SAW4" »

血糖値を測るRFID

糖尿病患者に新たなる福音か?

糖尿病患者向けに体内埋め込みRFIDチップをVeriChipが開発へ(ITmedia)

続きを読む "血糖値を測るRFID" »

講談社の偽メール

最初は講談社「」名を騙ったメールなのかと思ったら、講談社「」名を騙ったメールだったのね。

講談社社員が「大学生」と偽りメールでアンケート調査(読売新聞)

講談社社員が慶大生名乗って調査実施(MSN産経)

講談社の謝罪文はこっち。

講談社から皆様へ

続きを読む "講談社の偽メール" »

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »