« 厨の研究(5) | トップページ | 厨の研究(6) »

掠奪都市の黄金

掠奪都市の黄金

 古代兵器<メドゥーサ>の暴走により崩壊した移動都市ロンドンから脱出したトムとへスターは、幸せな日々を送っていた。が、飛行船<ジェニー・ハニヴァー>号に探検家・冒険家・歴史家を名乗るペニーロイヤル教授を乗客として乗せたことから、再び騒動の渦に巻き込まれる。反移動都市同盟の飛行船に襲われ辛くも脱出したものの、エンジンが破損。このまま死ぬ運命かと思われたとき、移動都市アンカレッジに救われる。しかしアンカレッジは多くの住民が疫病で死に絶え、残った少ない住民がまだ若い少女に率いられている都市だった。しかも、その目的地は、死の大地アメリカ……。

 遥かな未来、最終戦争により荒廃した地球は資源を求め都市が移動し、互いに食ったり食われたりを繰り返す世界での冒険を描く『移動都市』の続編。

 ヒロインであるへスターの描写がうまい。大抵、ヒロインといえば(前作に登場したキャサリンのような)美少女と相場が決まっているがへスターはそうじゃない。いろいろなコンプレックスを抱えているからトムが本当に愛してくれているのか不安だったり、嫉妬に狂ったあまりとんでもないことをしてしまったりする。実際にいてもおかしくないくらい、いじましく可愛くそして怖い。前作に比べるとトム君はあまり活躍していないように感じるくらいだ。というか、トムの立場に立って見直すと、受難の日々といえなくもない。

 アメリカを目指すアンカレッジの脱出行を軸にして、それを追う掠奪都市アルハンゲリスク、移動する都市にひそかに忍び込み盗みを働く集団<ロストボーイ>、反移動都市同盟の過激派<グリーンストーム>、さまざまな組織さまざまなキャラクターがそれぞれの目的をもって複雑に絡み合う展開。特に後半は怒涛の展開に目が離せなくなる。

 ちなみに、タイトル『掠奪都市の黄金』にはちょっとした仕掛けがある。

« 厨の研究(5) | トップページ | 厨の研究(6) »

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17426796

この記事へのトラックバック一覧です: 掠奪都市の黄金:

« 厨の研究(5) | トップページ | 厨の研究(6) »