« SAW4 | トップページ | ベオウルフ »

ナンバー23

 動物管理局に勤めるウォルターは、終業間際に飛び込んだ野良犬の捕獲にしくじり腕を噛まれる。ケガのために待ち合わせに遅れた彼が妻アガサを見つけたのはとある古本屋。彼女は「ナンバー23」というミステリー小説を手にしていた。誕生日のプレゼントに、と妻から本を送られるウォルター。最初は暇つぶしに読み始めたのだが、次第にのめり込んでいく。なぜなら、小説の主人公フィンガリングの生い立ちが余りにも自分に似ていたせいだ。やがて、小説の内容と同じく「23」という数字に囚われていくウォルターだったが…。
 ジョエル・シューマッカー監督、ジム・キャリー主演のサスペンスミステリー。

ナンバー23公式サイト

 数字の「23」の呪縛、というものをストーリーの縦糸にしているのだが、もう「5は2+3だ!」とか「32は23の逆だ!」とか、そこまで言ったら偶然というよりこじつけだろという話がボコボコでてくる(画面上でも"23"が強調される)ので笑ってしまう。最後の方でいろいろな謎解きがあって「なるほど」と思わせるのだけれど、余りに「23」に固執するものだから、何かそれ以上のものを期待しちゃって肩すかしを喰らったような気分にもなる。やりすぎは良くないなぁという典型かも。

 面白くないかといえばそんなことはなくて、ジム・キャリーも現実の主人公と小説の中の主人公をうまく演じ分けていたりして、面白いことは面白い。駄作、凡作じゃないけど傑作でもない、佳作ってところか。うーん、俳優としてのジム・キャリーは映画に恵まれていないなぁと思ったり。まぁ、大作に出ても映える人ではないとは思うが。

« SAW4 | トップページ | ベオウルフ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17330196

この記事へのトラックバック一覧です: ナンバー23:

« SAW4 | トップページ | ベオウルフ »