« 厨の研究(3) | トップページ | 厨の研究(4) »

結局、ユーザーは置き去り

 パブリックコメントの内容を踏まえても、結局こうなるわけだ。

私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」不可避に(ITmedia)

 文化庁長官の諮問機関・文化審議会著作権分科会に設けられた「私的録音録画小委員会」の第15回会合が12月18日に開かれ、「著作者に無許諾で動画や音楽をアップロードしたサイト(以下「違法サイト」)からのダウンロード」を、著作権法30条で認められた「私的使用」の範囲から外し、「違法サイトと知ってダウンロードした場合は違法とする」という方向性がまとまった。

 これは、権利者側の「違法サイトからのダウンロードで多大な経済的損害を受けている。(現行法でも違法となっている)アップロードだけでなく、ダウンロードも違法にすべき」という意見をそのまま鵜呑みにしてしまった結果だろう。

 文化庁の偉いさんは

 ただ「ユーザーの意見を無視したわけではない。ネットからの意見も踏まえたつもりだ」と強調。「違法化について、個人から多数の反対意見が出た。『違法サイトと知らずにダウンロードしてしまった場合、無意識に法を犯してしまうのでは』などといった不安は、十分理解できる。ユーザーの不利益にならないような制度設計をする」と話す。

 と言っているが、では具体策は?といえば「適法サイトを示すマークの普及」…。ユーザーがクリックしなければ、ダウンロードが開始されないとでも思っているのだろうか?もしアクセスしたとたん、無理やり違法ファイルをダウンロードされてしまったらどうするのか?そうした罠サイトを作っておいて、網に引っかかるのを待ち『今、違法ファイルをダウンロードしましたね?犯罪です』とか言いがかりをつけて金をだまし取られたり、国家権力の名のもとに冤罪をでっちあげられたらどうするつもりなのか?文化庁の川瀬室長さんは、責任を取ってくれるのだろうか?

 違法ファイルは問題だとは思うが、違法ファイルを入手しようとしていないユーザーまで犯罪者にしてしまうような制度の方が問題は大きい。

« 厨の研究(3) | トップページ | 厨の研究(4) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17405699

この記事へのトラックバック一覧です: 結局、ユーザーは置き去り:

« 厨の研究(3) | トップページ | 厨の研究(4) »