« 厨の研究 おまけ | トップページ | 議論持ち越し→なし崩し? »

2008/01/25

厨の研究 おまけ(続き)

メールの振り分け・自動返信(続き)

●メールの自動返信を設定する

 メールの自動返信は、メールの振り分け機能を利用して行います。まず、返信用のメールメッセージを作成しておき、メールの振り分けの「指定したメッセージで返信する」で差出人に作成したメッセージが返信されるように設定します。

[1]
 返信用のメールメッセージを作成します。ツールバーの[メールの作成]をクリックし、[メッセージの作成]ダイアログボックスでメッセージ本文を作成します。「宛先」「CC」は空白のままにします。「件名」は入力してもしなくても構いません。

Rule15

[2]
 返信用メッセージが完成したらメニューから[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択し、作成したメールをファイルとして保存しておきます。保存が終了したら[メッセージの作成]ダイアログボックスを閉じます。

Rule16

Rule17

[3]
 ルールを作成します。メニューから[ツール]→[メッセージ ルール]→[メール]を選択します。
 すでにルールが作成されている場合には、[メッセージ ルール]ダイアログボックスが表示されます。その場合には、<新規作成>ボタンをクリックします。

Rule18

[4]
 [新規のメール ルール]ダイアログボックスが表示されます。
 [1.ルールの条件を設定してください]で条件を選択します。厨が特定のメールアドレスを使っているなら「差出人にユーザーが含まれている場合」を選択、頻繁にメールアドレスを変えてくるなら「メッセージ本文に指定した言葉が含まれる場合」を選択すると良いでしょう。もちろん、両方を一緒にしても構いません。
 [2.ルールのアクションを選択してください]では「指定したメッセージで返信する」を選択します。

 相手から送られてきたメールの中身をそのまま送り返すなら、「指定したメッセージで返信する」ではなく「指定したユーザーに転送する」を選択し、ユーザーとして差出人のメールアドレスを指定します。こうすると相手が長文を送る度に、同じ分量のメールが送信されることになります。

 [3.ルールの説明]に表示される下線付きの文字列をクリックして、それぞれの条件・処理の詳細を指定します。条件は「または」で接続するようにした方がいいでしょう。「指定したメッセージ」では、[2]で保存したファイルを指定します。
 [4.ルール名]に適当な名前を付けて<OK>ボタンをクリックします。

Rule19

例:
差出人に'(厨のメールアドレス)'を含む場合
またはメッセージ本文に'死ね'を含む または'殺す'または'(厨の名前)'場合
厨メールフォルダに移動する
 および(返信用メールファイル)で返信する

[5]
 [メッセージ ルール]ダイアログボックスが表示されます。ルールが登録されているのを確認し<OK>ボタンをクリックします。

Rule20

|

« 厨の研究 おまけ | トップページ | 議論持ち越し→なし崩し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/17834692

この記事へのトラックバック一覧です: 厨の研究 おまけ(続き):

« 厨の研究 おまけ | トップページ | 議論持ち越し→なし崩し? »