« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/27

情報通信法?

 この記事だけでは詳細まではわからないが、いろいろと論議を呼びそうな法案だと思う。

総務省:通信、放送1本化へ議論開始…規制拡大など(毎日新聞)

 通信、放送関連の法律を一本化した「情報通信法」(仮称)の制定を目指す総務省は25日、情報通信審議会(総務相の諮問機関)の「通信・放送の総合的な法体系に関する検討委員会」で議論を始めた。

 これまで原則自由だったインターネット上のホームページなどのコンテンツ(情報内容)も有限希少な電波を利用する「放送」と区別せず、ともに「社会的影響力」の大きさに応じて段階的に規制する内容。新聞社や通信社による記事のネット配信も規制対象となる可能性がある。総務省は2010年の通常国会に法案を提出する構えだが、「表現の自由」との関連で議論を呼びそうだ。

 新法は、高速ネットの普及などでテレビ番組をネットで視聴できるなど、通信と放送の融合が進む産業構造の変化に対応することを目的とし、放送法や電気通信事業法など10以上の関連法案を一本化する。「放送」「通信」を別々の法律で規制するのではなく、「コンテンツ」「認証や課金、決済のサービス基盤」「固定・携帯電話網や光ファイバー網などの伝送設備・サービス」の三つにわけ、それぞれについて共通の規制を行う。

 現状のコンテンツサービスで「基幹放送」とされている地上テレビ放送は(1)政治的な中立性(2)公序良俗に反していないか--などの観点から規制を受けている。

 だが、総務省は新法で「社会的影響力」の大きさによってコンテンツに対する規制の強弱を決める考え。社会的影響力の大きさは(1)視聴者数(2)有料か無料か--などを基準に区別するとしているが、現時点での基準はあいまいだ。同省から「特に社会的影響力が大きい」と判断された場合、テレビ放送と同様の規制を受けるメディアが出てくる可能性がある。

続きを読む "情報通信法?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/18

消費者不在の規格競争

 HD DVDとBDの次世代DVD規格争いは、結局、東芝のHD撤退という形で幕を下ろす。しかし、この規格争いが消費者不在であったことは誰の目にも明らかだろう。

 HD DVD対BDの構図は、VHS対βの戦いに比較されることが多い。画質や技術的構造で勝っていたβがVHSに負けたのは、(松下の販売力もあるが)「長時間録画」つまり「コストパフォーマンス」を消費者が選択した結果だ。(余り話題にならないLD対VHDの規格争いで、高画質のLDが勝ったのは録画メディアではなく再生のみだったからだろう)

続きを読む "消費者不在の規格競争"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/15

互換OS

韓国のIT企業がWindowsの互換OSを作るとぶち上げた。

韓国ITの看板‘ティーマックス’ MSに挑戦状
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=95997&servcode=300&sectcode=330

同社創業者の朴大演(パク・デヨン)社長(53)は12日、中央日報の記者と会い、「MSの基本ソフト(OS)ウィンドウズと100%互換可能な新しいパソコン用OSを来年1月に発売する」と明らかにした。 3月19日には、サーバー用OSや移動通信機器に使われる内蔵型OS技術を発表する。

  朴社長は来年から販売するパソコン用OSについて「リナックス、マッキントッシュなどのOSが市場を広められなかったのは、ウィンドウズに最適化された各種ソフトウエアと互換性がなかったため」とし「ティーマックスのOSはこれらすべてと互換が可能で、価格もウィンドウズの半分水準になるだろう」と語った。

続きを読む "互換OS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/14

L change the WorLd

 天才的な頭脳と知性により数々の難事件を解決してきた≪L≫。自らの名前をデスノートに書き込むことにより、キラ=夜神月(やがみらいと)との死闘に勝利した彼に残された時間は、あと23日間。残りの時間をワタリが遺した事件を解決することに費やすLだった。同じ頃タイのある村が謎の伝染病に襲われる。それは過激な環境保護団体が仕掛けたバイオテロだった。否応なく事件に巻き込まれていくL。彼は残された時間で事件を解決することができるのだろうか?
 映画『デスノート』からのスピンオフ作品。

『L change the WorLd』公式サイト

 横浜ららぽーとの東宝シネマズで『L change the WorLd』を観る。10周年感謝デーなので1,000円。そのためか、平日にもかかわらず人は多め。

続きを読む "L change the WorLd"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/13

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 男は帰って来た。無実の罪で終身刑となり美しい妻と生まれたばかりの娘を奪われた理髪師、ベンジャミン・バーカーは、スウィニー・トッドと名を替え復讐を胸に抱いてロンドンへと帰って来た。目的はただひとり、妻に横恋慕し貶め自分を終身刑にした判事。娘は後見人となった判事の家に囚われて会うこともできない。やがてフリート街で理髪店を始めたスウィニーは、次々にその手を地に染めていく。
 150年前から語り継がれる復讐劇のミュージカルを、奇才ティム・バートンが映画化。

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』公式サイト

続きを読む "スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反逆者の月2 帝国の遺産

反逆者の月2―帝国の遺産―

 巨大戦艦ダハクの艦長となったマッキンタイアは、地球に潜んでいた反逆者を討伐したのもつかの間、侵略者アルテュタニの侵攻を防ぐべく銀河帝国へ救援を求める旅に出た。しかし、ダハクからの通信に対する銀河帝国からの返信はなく、最初に訪れた星系には破壊された惑星の残骸があるだけだった。すでに銀河帝国は滅んでしまったのか?一方、地球でもアルテュタニ侵攻に備えた防衛計画が進んでいたが、一部の不満分子による妨害が発生してしまう。果たして、マッキンタイアは帝国の戦力を見つけることができるのか?
 ミリタリー・スペースオペラ『反逆者の月』の続編。

続きを読む "反逆者の月2 帝国の遺産"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

ライラの冒険 黄金の羅針盤

 我々の世界とは少しだけ違うパラレルワールド。そこでは、人々の魂がダイモン(守護精霊)として存在する。ダイモンはその人の性格や性質を表す動物の形となって人に常に寄り添い人が死ねば共に消える。
 幼い頃に両親を亡くした主人公ライラは、オックスフォードの寄宿舎で育てられている。叔父アスリエル卿が北極への冒険へ旅立ち、ライラもコールター夫人に連れられ寄宿舎を出る。寄宿舎を出るライラに、学長は真実を指し示すという<黄金の羅針盤>を手渡す。彼女が魔女によって予言された少女であると信じて。同じころ、巷では子供たちが行方不明になる謎の事件が発生していた。
同名ファンタジー小説の映画化、第一弾。

GAGA 映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』公式サイト

 2/9、渋谷C.C.Lemonホールでの試写会で『ライラの冒険 黄金の羅針盤』日本語吹き替え版を観る。
 以下、ネタばれを含むので注意。

続きを読む "ライラの冒険 黄金の羅針盤"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/08

AOL、懐かしい響き。

AOL(America OnLine)の名前を聞くと、いろいろと懐かしい思い出が蘇ってきます。

Time Warner、AOLを分離へ(ITmedia)

 米Time WarnerはAOLのオーディエンス事業とアクセス事業を分離し、2つの独立した企業として経営することに取り組んでいる。同社のジェフリー・ビュークスCEOが2月6日に明らかにした。
 「これでAOLの戦略的選択肢は大幅に増えるはずだ」と同氏は電話会見でアナリストに向けて語った。
 同氏はまた、Time WarnerがTime Warner Cable株の84%を保有していることは両社にとって「最善ではない」とも述べた。両社は経営改善と株式保有構造の変更について話し合っているという。
 Time Warnerは、2008年第1四半期のAOLの広告収入を、前年同期比で「実質横ばいから微減」と予測していると、ジョン・マーティンCFO(最高財務責任者)は語った。
 マーティン氏は、第2四半期からAOLの「コストは減っていき、広告は伸び続けるだろう」と話した。
 「このため、当社は引き続き、AOLは全体的にかなりの規模で収益性を維持できると予測している」(同氏)
 AOLの2008年度(12月末締め)の減価償却前営業利益は2007年度の水準に近いだろうと同社は語った。
 AOLのアクセス事業はダイヤルアップインターネットサービスを、オーディエンス事業はポータルと広告事業を運営している。
 マーティン氏は、AOLの事業は「非常に複雑なため」、分離には「数カ月」かかるとしている。

続きを読む "AOL、懐かしい響き。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/04

影の棲む城

影の棲む城(上)影の棲む城(下)

チャリオン国太后イスタは、囚人同様の城での暮らしに耐え切れず巡礼の旅にでる。チャリオンに掛けられた呪いも解け、隣国との縁も深まった今、気ままな旅になるはずだったが、異様な出来事が次々と起きる。ついには、いるはずのない敵国の兵に襲われ、イスタは虜囚の身となる。敵国へと連れ去られる寸前、彼女を救い出した騎士に連れられたどり着いたのは辺境の砦、ポリフォルス。神の訪問を受け、再び第二の視覚を得たイスタが見たものとは?
『チャリオンの影』に続く五神教シリーズ、第二弾。

続きを読む "影の棲む城"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/02/03

超人類カウル

超人類カウル

十五歳の娼婦ポリーは、死んだ娼婦仲間の兄ナンドルーが奪った不思議な物体をめぐる争いに巻き込まれ、連合政府の暗殺者タックに命を狙われる。しかし、ポリーが手にしたその不思議な物体<トー>は、タイムラインを自由に動き回る怪物<トービースト>の一部であり、装着者の生命エネルギーを喰らいながら時間を遡る生体タイムマシンだった!<トー>の影響により図らずもタイムシフトしてしまったふたりは、遥かな未来で起きた二大勢力の争いに巻き込まれる。そして<トー>が行き着く生命誕生前の地球では、究極の人間として作られた超人類、カウルが待ち構えていた。様々な時代から<トー>を使って人間を拉致するカウルの目的とはなにか?

続きを読む "超人類カウル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯フィルタリング

とりあえず、これまでの流れ。

・出会い系サイトとか問題になってるね。若者が使うのはよくないね。
 キャリアはフィルタリングとかしてよ(総務省)

・そうね、キャリアのコントロール外のサイトでトラブっても困るし。
 フィルタリングすれば“売り”にもなるしね。(キャリア)

・ちょっと待て!うちらが困る!(SNSとかゲームサイトとか)

・知らないよー。さくっとやっちゃう。(キャリア)

・ちょっと待て!企業が困るって言ってるし、少し考えてよ。(総務省)
 ←今ココ

という訳で何がなにやら。

続きを読む "携帯フィルタリング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »