« 互換OS | トップページ | 情報通信法? »

消費者不在の規格競争

 HD DVDとBDの次世代DVD規格争いは、結局、東芝のHD撤退という形で幕を下ろす。しかし、この規格争いが消費者不在であったことは誰の目にも明らかだろう。

 HD DVD対BDの構図は、VHS対βの戦いに比較されることが多い。画質や技術的構造で勝っていたβがVHSに負けたのは、(松下の販売力もあるが)「長時間録画」つまり「コストパフォーマンス」を消費者が選択した結果だ。(余り話題にならないLD対VHDの規格争いで、高画質のLDが勝ったのは録画メディアではなく再生のみだったからだろう)

 では、HD対BDで消費者の選択があったと言えるのだろうか?VHS対βの教訓を活かすのであれば、はじめから規格を一本化すべきであったし、それは多くのメディアで指摘されていたことだ。それでもあえて対立構造を選んだのは、企業の論理、メーカーのエゴイズムに過ぎない。
 今回のBDの勝利(?)をVHS同様「長時間録画」とするメディアもある。(*1)どうだろう?多くの消費者はどっちが勝つか様子見をしていたんじゃないだろうか?ビデオ規格戦争からの教訓を得ていたのは消費者で、主流がどちらになるかを見極めていた段階ではなかったか。消費者にとってみれば、勝手に争いが起きて勝手に終わった、というのが一番当てはまるような気がする。

 いわゆるマニア層の取り込みにも失敗したことも大きい。BD側にも言えることだが、DVDに対するアドバンテージをうまく伝えられなかった。アメリカでは2万円のHDプレイヤーを販売していたらしいが、再生より低価格の記録装置(PC用ドライブとか)を出していれば状況が変わったかも。しかし、なんで日本では販売しなかったのか>低価格HDプレイヤー。市場の大きさが違うのは理解しているけれど、それでも日本企業が日本市場(日本の消費者)をないがしろにしている気がしないでもない。

 次世代DVD規格といいながら、現在のところ普及しなかったのは規格争いがあったのは間違いなく、これで安心して購入できる状況になったわけだ。それでもまだDVDで十分という人は多いだろうから、いきなりドーンと普及するということはないだろう。おそらくBD普及の後押しをするのは、地上デジタル放送完全移行じゃないかと思う。

*1
 HD DVDは最大30GB。BDは最大50GB。
 ただし、BDの場合単層で25GB、2層で50GBとなっているので、2層に対応していない録画機だとHD DVDよりも録画時間は短くなる。(同じ画質の場合)また、BDには規格がいくつかあって、ピクチャーインピクチャーなどの特殊再生に対応しているのは Ver1.1以降で、再生用にローカルストレージが必要になる。
 BD Ver1.0対応のサムソン製BDプレイヤーでVer1.1や2.0対応ディスクの一部が再生できないと、アメリカで集団訴訟騒ぎになっている。

« 互換OS | トップページ | 情報通信法? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/40164131

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者不在の規格競争:

« 互換OS | トップページ | 情報通信法? »