« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

自殺とネット

 最近硫化水素による自殺のニュースが頻繁に流れる。自殺という行為そのものがはた迷惑なものなのだが、硫化水素は毒ガスであり特に周囲への影響が大きく、二次被害の可能性もあることから話題となっている。

 硫化水素による自殺の方法は、インターネットに掲載されていることから、新聞をはじめとするマスコミは、またしてもインターネットが悪いかのような論調だ。果たしてそうだろうか?

続きを読む "自殺とネット" »

SCARDOWN 軌道上の戦い

サイボーグ士官ジェニー・ケイシー (2) SCARDOWN―軌道上の戦い―

 危機に瀕した地球を脱出するために、異星人のテクノロジーを利用して作られたカナダ軍恒星艦<モントリオール>。そのパイロットとしてジェニーは再び陰謀渦巻くカナダへと戻った。一方、全人格プログラム<リチャード>は、恒星船や極小ロボットなどのテクノロジーを残した異星人達の訪問が近いことを察知する。さらに<モントリオール>へ加えられる中国の妨害工作。そして取り返しのつかない悲劇が起きる!  様々な登場人物の思惑が入り乱れ、予想もしない展開を迎える『サイボーグ士官ジェニー・ケイシー』シリーズ第二弾。

続きを読む "SCARDOWN 軌道上の戦い" »

JASRACに公取が立ち入り

 JASRACに公正取引委員会が立ち入り検査を行った。同業者の参入を阻害するような契約を結んでいる疑いだ。

JASRACに公取委が立ち入り(ITmedia)

 公正取引委員会は4月23日、日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽の著作権管理事業への新規事業者の参入を困難にした疑いがあるとし、独占禁止法違反(私的独占の禁止)の疑いでJASRACに立ち入り検査した。

 JASRAC広報部は「詳細は確認中。検査には全面的に協力する」とコメントしている。

 音楽の著作権管理については、2001年の法改正で新規参入が認められたが、JASRACへの一極集中状態が続いている。

続きを読む "JASRACに公取が立ち入り" »

HAMMERED 女戦士の帰還

サイボーグ士官ジェニー・ケイシー(1)HAMMERED 女戦士の帰還

 2062年。アメリカは大国から滑り落ち、世界はカナダと中国の二大強国時代になっていた。そのカナダも巨大企業に依存している状況だった。
 元カナダ軍兵士ジェニー・ケイシーは、20年前の戦闘により体の半分をサイボーグ化。軍を引退後、アメリカの片田舎でひっそりと暮らしていた。そんな彼女の元にある日、死にかけた少年が運び込まれた。目の前で死んでいく少年。その原因はジェニーも服用していた軍仕様のドラッグによるものだった。誰が何のために?しかし、それは始まりに過ぎなかった。ジェニーは巨大な陰謀に巻き込まれていく。
 女性サイボーグの活躍を描く3部作の第一弾。

続きを読む "HAMMERED 女戦士の帰還" »

めがね

朝、あまりにも天気がいいので布団を干すことにした。

同じマンションではベランダに干す人もいる(規約で禁止されているのだが…)が、うちは布団干し用のハンガーを買ってある。普段の洗濯物にも便利。

布団を抱えてベランダに出て、布団ハンガーに布団を掛けようとした時、布団の端が顔を直撃、眼鏡がずり落ちた。運悪く、背にしていたベランダの柵を越えて眼鏡が落下。ゆっくりと落ちて行く眼鏡を唖然として見送った。

急いで1階に下りて探す。同じマンションの人が一緒に探してくれたが見つからない。

仕方なく部屋に戻り、昔の眼鏡を捜す。
何とか昔の眼鏡を発掘した頃、外で管理人さんが掃除している気配。眼鏡を見かけませんでしたか?と聞いてみると、ガラスの破片を拾ったという答え。
間違いなく私の眼鏡の硝子です。orz

結局フレームは見つからず、昔の眼鏡も度が合っていないため、仕方なく眼鏡を新調することにした。

Zoffというメガネショップ。フレーム+レンズで3プライスというので、前から試してみたかった。フレームは一番上のものを選ぶ。とりあえずのつもりだったのだが、下のクラスに気に入ったものがなかったから。レンズは標準にした。9,450円。前の眼鏡は非球面薄型レンズにしたりで5万円くらいしたのを考えると、異常なほど安い。

慣れるまでしばらく掛かるだろうが、生活に不便が出るほどではないので、これで良しとしよう。1万でも痛い散財ではあったが。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »