« 【映画】P2 | トップページ | 9割が新聞読む »

2008/05/13

吹き替え

 洋画の吹き替えに、アイドルや人気俳優を持ってくることがマーケティングの手法として多用されているが、安易な話題作りは作品のクオリティを落とすだけで長い目で見ればマイナスでしかない。過去の例としては、(劇場ではなくテレビ放送だったが)スター・ウォーズの第一作(Episode IV)を、渡辺徹・大場久美子・松崎しげるという組み合わせでやったのは、ファンの間では未だに笑い話どころか黒歴史扱いだ。最近だとFOXの「ザ・シンプソンズ」の吹き替えか。なぜ映画会社や配給会社は安易な手段に走るのか。

赤西“主役”で声優デビュー!米映画「スピード・レーサー」(イザ!)

 別に赤西自身を悪く言うつもりはないが。コレの場合、本編がヒドイからせめてジャニーズファンでも取り込もうという作戦なのか?と疑った目を向けてしまったり。

|

« 【映画】P2 | トップページ | 9割が新聞読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹き替え:

« 【映画】P2 | トップページ | 9割が新聞読む »