« くもりガラス張り | トップページ | 【映画】NEXT »

必要悪ってこと?

CNETのブログでこんなのがあった。

グレーゾーンの巣の上で:クロサカタツヤの情報通信インサイト

 前段は、今回のグリーンピースによる告発パフォーマンスについてについて「バカな行為」と糾弾しているのだが、途中で「何かを大きく変えていくときは、法律に挑戦するような乱暴さが、時には必要なのかもしれない、ということである」と気付き、「イノベーションにはこうした考え方が必要」であり、そのためには「グレーゾーン」が必要と結論付ける。

 筆者は犯罪を肯定するつもりはないと記事の中でも書いているが、グリーンピースの行為とグレーゾーンを結びつけた時点で、グリーンピースの行為を肯定までは行かなくても容認しているようにしか思えない。

 所謂、二次創作は著作権侵害問題と隣り合わせで「グレーゾーン」の代表格と言ってもいいだろう。そして、その中から新しい才能が開花しているのも事実。(現在活動している漫画家の中で、現在あるいは過去に同人活動をしていない人間を挙げる方が難しいのではないだろうか?)

 だが、それと今回のグリーンピースの行動は全く異なる。グレーゾーンではなく、ブラックだからだ。まず、「横流しの証拠」という荷物は、運送会社の倉庫から盗まれたものだ。窃盗が成立するかどうかは微妙だという説もあるが、少なくとも不法侵入はまぬかれない。そして開封してしまったことで、証拠としての価値もなくなった。(開封した時点でグリーンピースが中身を入れ替えた可能性も否定できなくなる)さらに証拠であるはずの鯨肉を食べてしまったという。本当に証拠と考えているなら、きちんと保全し船に残っている鯨肉とのDNA比較で調査船から持ち出されたモノだと証明するということを考えるはず。

 そもそも「横領の告発」とグリーンピースは言っているが、土産を自宅に送っただけなら何の違法性もない。他にも複数荷物があることや他の荷物にも鯨肉が入っていることというのは、グリーンピースの推測でしかない。

 こうした行為を「グレーゾーン」と呼ぶのは無理がありすぎる。遠回しな擁護と受け取られても仕方がないのではないか?

 法律を無視して自分の意見を言うという手法は、テロリストと同じだ。一般の同意を得ることは難しい。そんなことは考えれば分かるはず。グリーンピースの行動を見ていると、極端な話調査船の船員が違法行為をしていようがいまいがどうでもいいことなんじゃないかと思えてくる。要は、世の中世間一般にインパクトを与え耳目を集めることだけが目的ではないのだろうか?そうとでも考えなければ、法を犯してまで意味のない告発をする神経が理解できない。「自分の行為が正義と信じて疑わない」視野狭窄に陥っているのか。どうしても安保時代の過激派にイメージが結びついてしまう。そんな連中にイノベーションを期待するのは間違いだ。

« くもりガラス張り | トップページ | 【映画】NEXT »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/41252308

この記事へのトラックバック一覧です: 必要悪ってこと?:

« くもりガラス張り | トップページ | 【映画】NEXT »