« 【映画】スピード・レーサー | トップページ | 【映画】ハンコック »

HTVにまつわる報道

 HTVは日本が開発中のISS向け輸送システムのこと。

HTV(宇宙ステーション補給機)

 こちらも開発中のH-IIB型ロケットによって打ち上げられ、物資をISSに補給。空いたペイロードに不要物を入れて大気圏へ放出、燃え尽きるというもの。使い捨てといえば使い捨てだけれど、往還機の開発にまだまだ時間が掛かりそうな状況で、(予算的に)最大限努力した結果だろう。

 これで日本もISSへの貢献度が上がるだろうと考えていたら、先日、このHTVの購入をNASAが検討しているという報道があった。

米シャトル後継候補に日本の無人宇宙輸送機、NASA打診(読売新聞)

 2010年に米スペースシャトルを退役させることを決めた米航空宇宙局(NASA)が、シャトルの後継宇宙輸送機として、日本が開発中の無人宇宙輸送機「HTV」を購入する検討を始め、宇宙航空研究開発機構に打診していることが19日、明らかになった。

 シャトル退役で、国際宇宙ステーション(ISS)に送る水や食糧、実験機器などの必要物資のうち、米国が責任を負う物資を輸送できない恐れが出てきたためと見られる。

 世界最大の宇宙機関が日本の技術力を高く評価した形だが、HTVは1機約140億円で、これほど大型の国産宇宙機器を海外に販売した例はない。売買契約が締結されれば、50年にわたる日本の宇宙開発史上初の超大型取引となる。

 宇宙飛行士が長期滞在しているISSには、日米欧露が分担して必要物資を輸送している。現在稼働中の輸送機は、有人宇宙船のシャトルとロシア「ソユーズ」、無人輸送機のロシア「プログレス」と欧州「ATV」の計4機。HTVは来年秋に初号機の打ち上げが成功すれば、年1機のペースで打ち上げられる予定だ。

 NASAがシャトルを10年に退役させるのは、高コストで安全性にも問題が残るためだ。しかし後継の物資輸送機の運用が始まるのは早くても18年になる見込みで、NASAは、空白期をHTVで埋め合わせる検討を始めた模様だ。

 宇宙機構によると、NASAから今年2月以降に打診があり、非公式の折衝を続けている。文部科学省宇宙利用推進室は「国内では(HTV購入の)可能性に期待感があることは承知している」と話している。

 NASAとしては、すでに決定されているスペースシャトルの引退と次期往還機(かどうかわからないけど輸送機)の運用開始までの空白を埋めるという意味合いが強い。

 軌道上まで物資を運ぶとなると、アメリカの他はロシア、欧州、日本、中国といったところ。ロシア、欧州はすでにISSへの物資輸送はしているし、特に人的資源の輸送はロシアにまかせることになるので頼みにくい。中国の宇宙開発はすさまじい勢いで進んでいるけど、アメリカが頭を下げてまで購入するかというと疑問だし、中国が開発しているという輸送機はまだ姿を見せてない。最近の中国への擦り寄りぶりをみると中国から購入する可能性も捨てきれないが、あまり現実味はないな。

 その他の国に資金援助して作らせる、という案も考えられるけれど時間的に難しいだろう。日本のHTV調達はNASAとしても良い選択だな、と思っていたら、そのNASAが報道を否定した。

NASA - Statement on Inaccurate Reports About Japanese Cargo Services

 元々、NASAはスペースシャトルの後継機開発で民間に資金をつぎ込んでいるから、アメリカ国内の民間企業から調達するよ、というのは十分に理解できる。

 ただ、日本でも読売新聞くらいしか報道していないニュースに対して早すぎる反応を見ると、水面下でJAXAと交渉しているが国内の民間企業にはそんなこと言えない(民間企業への侮辱になる?)から否定しておこう、という印象を受けてしまう。

 日本としてはどっちでも構わないのだから、着々とHTVとH-IIBを作り上げていけばいい。それが海外に売れるのなら、それはそれでラッキーと。

« 【映画】スピード・レーサー | トップページ | 【映画】ハンコック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/41949213

この記事へのトラックバック一覧です: HTVにまつわる報道:

« 【映画】スピード・レーサー | トップページ | 【映画】ハンコック »