« 戦いの子 | トップページ | 【映画】ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 »

【映画】スターシップトゥルーパーズ3

 第二次バグズ戦争の中、惑星Pの英雄ジョニー・リコは大佐として植民惑星ロク・サン防衛の指揮を執っていた。そこにサイキックであり歌手としても人気の高い連邦軍総司令官、アノーキ連邦軍総司令官が視察に訪れる。リコはアノーキ司令官に同行して来た、かつての恋人で戦艦の艦長となったローラ、かつての部下で今はローラの恋人、ディックス将軍との再会を喜ぶ。しかし、突然基地の防備が無効となりバグズが流れ込んでくる。アノーキ司令官はローラとともに脱出するが、ワープ中に攻撃されバグズ勢力圏内の惑星へと逃げ延びる。一方、リコはロク・サン防衛失敗の責任を取らされ死刑を言い渡されてしまう。果たして彼らの運命は?

 もはや原作『宇宙の戦士』のテイストはどこにもない(一作目からないけど)バカ映画。(褒め言葉デス)なんかどんどんナチっぽくして軍国主義批判してるのかと思ったら、最後は信仰ですかーっ!深く考えながら観てると損する映画だな。

 CMでも“ついに登場!”とか煽っているパワードスーツことマローダー(原題にもなっている)ですが、パワードスーツではありません。だって卵が拾えないもの。でも、精神接続と言いながら、中でトリガーをカチカチ押してたりなんかもーだめだめですな。超人ロックの炎の虎に出てきた暗黒騎士団みたいだ。うーん、あのデザインをかっこいいとは思えない。少なくともアレに乗りたくて入隊を志願することはないな。

 ちなみにヒロイン、ローラが『エンタープライズ』のトゥポルの人だったのは、プログラムを見て初めて気が付いた(^_^;)

« 戦いの子 | トップページ | 【映画】ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/42025414

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】スターシップトゥルーパーズ3:

« 戦いの子 | トップページ | 【映画】ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 »