« HTVにまつわる報道 | トップページ | 戦いの子 »

【映画】ハンコック

車を軽々と持ち上げる怪力、高速で飛び回る飛行能力、弾丸も通さぬ肉体を持つ超人、ジョン・ハンコック。人々の危機を救うスーパーヒーローのはずが、強盗犯を追跡すればハイウェイを破壊し、浜に打ち上げられた鯨を助ければ通りかかったヨットを沈めてしまう。スーパーパワーを持ちながらLAの嫌われ者、ハンコックは今日も酒浸り。
しかし、偶然命を助けたPRマンのレイによって、ハンコックは生まれ変わることになるのだが…。
ウィル・スミス主演のスーパーヒーロームービー。

ららぽーと横浜で、『ハンコック』の試写会。
面白い。
スーパーマンでもクラーク・ケントがダメダメな男になる話はあるけど、それよりさらにヒドイ迷惑をまき散らす。オープニングの派手なシーンに目を奪われがちだけど、なんとか立ち直ろうと足掻く内面の葛藤を、短いシーンをつなぎ合わせて見せられるので、少しずつ引き込まれていく感じ。
上映時間は92分と(ハリウッド映画にしては)短いが、その分テンポよく進むし、ストーリーもまとまっていた。嫌われ者からスーパーヒーローへと生まれ変わるハンコック、というところまでは予告編などで知っていたが、いや、あんな展開にするとは。

以下、ネタバレ風味。

存在そのものの根源的な理由については、まぁ、神様のなさること、という実に西洋的な曖昧さでごまかしているが、あのシステムだといずれ消滅する運命なんじゃないの?一種のセーフティと考えればいいのかもしれん。

しかし、アノ展開だと仕方ないかもしれないが、ちょっと悪役が小物過ぎる。スーパーマンに対するレックス・ルーサーのような存在がいないから、ハラハラ感はちょっと足りないかも。続編があれば、もっと手強い敵がでてくるのかも。

« HTVにまつわる報道 | トップページ | 戦いの子 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/42007594

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ハンコック:

« HTVにまつわる報道 | トップページ | 戦いの子 »