« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

シャトルに延命処置

NASAがシャトル延命検討、米露関係悪化で「空白」回避へ(読売新聞)

 【ワシントン=増満浩志】米航空宇宙局(NASA)は、2010年に退役予定のスペースシャトルを、後継機が就航する15年ごろまで延命させる検討に入った。

 シャトルの打ち上げ基地があるフロリダ州の地方紙オーランド・センチネルなどが29日、相次いで報じた。

 シャトル退役後、米国が有人宇宙船を持たない空白期が5年間も続き、国際宇宙ステーションへの人員輸送をロシアの宇宙船ソユーズに頼るという現行計画には、以前から疑問の声が渦巻いていた。

 グルジア情勢などをめぐって米露関係が悪化する中、議会でシャトル延命論が一段と高まる可能性があり、NASAも検討を迫られた形だ。

 記事中にもあるが、背景にはグルジア紛争があるのははっきりしている。グルジアの件がなければ、人員はソユーズで物資はHTVでという構想だったのだろう。予算削減中のNASAとしては苦渋の選択だが、ISSプロジェクト全体から見ればこれで良かったのかも。
 次の有人往還機開発が、2015年までに終わるのかはちょっと危ない気がする。だから、小手先の延命処置ではなく、しっかりとした補強・補正策を練って欲しいな。

 それにしても、科学的な実験が政治に左右されてしまうというのは悲しい気もするが、反面、軍事や国威という面と切っても切り離せないのが宇宙開発でもある。そう考えると、日本は世界中でも希有な立場と言えるかもしれない。

 そんな日本だが、1年後には宇宙局が生まれるかもしれない。

宇宙基本法が施行、1年後メドに内閣府「宇宙局」設置へ(読売新聞)

 防衛目的の宇宙利用の解禁や、産業振興などを盛り込んだ宇宙基本法が27日、施行された。政府は同日、内閣官房に宇宙開発戦略本部事務局を設置し、開発戦略の骨格を示す「宇宙基本計画」の策定に向けて、本格的な作業に入った。

 同戦略本部の初会合を9月中にも開き、約1年間かけて、宇宙の開発、利用の基本方針や、政府の実施すべき施策を盛り込んだ宇宙基本計画を策定する。政府は、1年後をメドに内閣府に「宇宙局」(仮称)を設け、関連施策の推進体制を強化する。

 文部科学省の思惑一つで振り回されてきた宇宙開発が、少しは風通しよくなるのか、それとももっとひどくなるのか。現時点では何とも言えないけれど、局止まりではなく、庁、省への昇格し独自の予算を持てるようになればいいのだが。

気象庁単独でひまわり

「予算どーする? ひまわり後継機 気象庁が単独で打ち上げ」話題!(イザ!)

 平成27年で耐用年数が切れる気象衛星ひまわり6、7号の後継機について、気象庁は、初めて同庁単独で予算を組み、打ち上げる方針を固めた。過去の気象衛星はすべて国土交通省など他省庁との相乗りだったが、今回はパートナーが見つからなかった。

 カラー画像撮影が可能で解像度もアップする次期衛星は、製造と打ち上げに計約600億円かかり、年間予算680億円程度の気象庁には重い負担になる。

 近く製造費の一部などを盛り込んだ来年度予算概算要求をまとめるが、打ち上げ後の維持管理の民間委託を検討するなど、経費削減に躍起だ。

 結局、気象庁が単独で予算を組み上げることになったようだ。うーん、国交省なんか、無駄遣いするくらいの財源があるなら、国民の生活に必要不可欠な気象衛星の費用負担をしてもいいと思うのだが。

続きを読む "気象庁単独でひまわり" »

【映画】ダークナイト

 上映時間が152分と長い。長くても時間を忘れさせるというのではなく、いい意味で「まだあるのかっ!」と叫びたくなるくらい、これでもかこれでもかと叩きつけてくる。面白いけど疲れる。いや、疲れるほどのめり込んでしまったのかも知れない。

 決して家族で観に行くようなファミリー映画ではない。デートにもおすすめしない。前作のようなケレン味というか、ぶっちゃけコケオドシ的な部分は影を潜め、ひたすら人間の内面、心理面に訴えかけてくる。最初から最後まで、突きつけられる“選択”。劇中の登場人物のみならず、観客も判断を迫られているような錯覚すら覚える。

続きを読む "【映画】ダークナイト" »

ブログとMixi日記

本来、ブログは気軽に書けることが本質のひとつなのだ。
テキストエディタで日記を書き、それにHTMLタグをガシガシ打ち込んでウェブサイトにアップしていたことを考えると、手順は簡略化していることは確か。

ならば、更新回数が増えたか?といえば、最近は更新度合いも減っている。

主にmixi日記に書いてしまうからだ。
そもそも、ココログが夜中に激重になることから緊急避難的にmixi日記を使うようになったのだが、今ではあちらの方に書くが多い。ほぼ毎日と言っていい。手軽さという面ではココログもmixi日記も変わらないのだが、やはり公開範囲が選べるのがポイント。

単なる愚痴を(見ている人は少ないとしても)誰の目にも止まる場所に書き込むということに抵抗感がある。
そこはそれ、小なりといえどライターのはしくれ、見せるならきちんとした文章を見せたい。
だが、仲間内ならそんな気兼ねは必要ないし、極めて個人的なことも書けるというもの。

長年、ウェブサイトに日記を書いてきたくせに、と思わなくもないが。

【映画】スカイ・クロラ

 平和を実現した世界。一般人に被害が及ばないよう生み出された『ショーとしての戦争』。その戦争で戦うのは、永遠に子供の姿のまま生きる“キルドレ”。
 新たに兎離州(ウリス)基地に配属された函南優一は、そこで草薙水素(スイト)と出会う。草薙の奇妙な態度に戸惑いながらも、優一は彼女に惹かれていく。
 『攻殻機動隊』『イノセンス』の押井守監督作品。

続きを読む "【映画】スカイ・クロラ" »

【映画】ハプニング

【映画】ハプニング

 ある日突然、人々が死んでいく。ある者は建築中のビルから飛び降り、ある者は拳銃で自殺する。最初は言語障害、次に方向感覚の喪失、そして死。アメリカ北東部で始まった奇怪な現象は、都市部から地方へと広がっていく。フィラデルフィアにある高校の科学教師エリオットは、同僚の数学教師ジュリアンの提案に乗り避難することを決める。エリオットとその妻アルマ、ジュリアン、そしてジュリアンの娘ジェスとともに列車に乗り込んだ。だが、その列車が途中で停車してしまう。『誰とも連絡が付かない』車掌の言葉に愕然とするエリオット。不可思議な死は拡大していく中、彼らのサバイバルが始まる。
 『シックス・センス』のM・ナイト・シャマラン監督作品。

以下、ネタバレ含む。

続きを読む "【映画】ハプニング" »

GoogleMapのストリートビュー

GoogleMapのストリートビューに日本が追加された。

Googleマップの「ストリートビュー」に日本の街路写真(ITmedia)

Google マップ - 地図検索

HTMLコードもはき出してくれるようなので、テストをかねて新宿都庁のストリートビューを貼ってみる。


大きな地図で見る

mixi日記には直接埋め込めるようになっている。
自宅近くの画像が結構細かく載っているので、ついつい遊んでしまう。

しかし、このサービスがアメリカでプライバシー侵害と批判されるのも分かる。マンションのベランダに干してある洗濯物がばっちり見えてしまったり、駐車している車のナンバープレートの数字が読み取れたりしてしまう。

Google MapsのStreet Viewに「顔ぼかし」導入(ITmedia)

確かに面白いサービスではあるし、いろいろと利用もできるだろうが、例えば事件が起きたときにその場所の画像が晒されるなんてことも考えられる。アメリカのような訴訟大国ではない日本でも、問題になるかもしれないなぁ。

低きに流るる水のごとく?

 昨日の宴会でも話題に出ていた東京ビックサイトのエスカレーター事故。何が原因だったのかは綿密な調査が必要だけれど、名古屋の地下鉄で起きたエスカレーター事故の報道から考えると、さらっと流されそうな予感もする。
 で、こうした事件・事故があると必ず行われる“犯人捜し”。

東京ビッグサイトでエスカレーター急停止、60人転倒(読売新聞)

3日午前10時ごろ、東京都江東区有明3の東京ビッグサイト西展示棟で、1階と4階を結ぶ上りエスカレーター(高さ16メートル)が急停止し、乗っていた約120人のうち約60人が転倒した。

 警視庁東京湾岸署や東京消防庁によると、21人が手や足などに痛みを訴え、うち10人が足を切ったりして病院に搬送されたが、いずれも軽傷。同署は業務上過失傷害の疑いで原因を調べている。

 同署副署長によると、会場では午前10時からアニメのキャラクターのフィギュアを展示・販売する「ワンダーフェスティバル」が開かれていた。開場直後、長さ約30メートルの上りエスカレーターに係員の先導で入場者が乗り込み、約20メートル動いたところで突然停止。下り方向に動き始めたため、入場者がバランスを崩し、乗り口付近で折り重なるように倒れた。逆走に気付いた会場関係者が緊急停止ボタンを押したという。

(中略)

 東京ビッグサイトでは、イベントの運営会社に、エスカレーターのステップに続けて2人以上を乗せないよう指導していたが、目撃者によると、事故当時、各ステップに2~3人が乗っていたという。日本オーチスの広報担当者は「テレビ映像を見る限り、異常な乗り方」と話している。

 何言ってるんだ?>オーチスの広報。

続きを読む "低きに流るる水のごとく?" »

【映画】ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発

 一言でいっちゃうと、悪ノリ映画。現在の水準からすれば、特撮もチープだし脚本もなんだかなーって感じ。観る人を選ぶ映画。オチも盛り上がりもないし。特撮ファンでも評価分かれるんじゃないかなぁ。個人的にはギリギリセーフかな?微妙だけど、これを許せる広い心を持ちたいw映画の日で1000円だったし。

続きを読む "【映画】ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発" »

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »