« 手数料30%は高いか安いか | トップページ | 【映画】ウォンテッド »

【映画】20世紀少年

 長い。長い原作を三分割して余計な枝葉を削ぎ落としても、2時間21分!とりあえず成長したカンナが出てくるまで、と分かっていても、途中でヤキモキしてしまう。
 中身はといえば、まさに原作至上主義というか、原作そのまま。メインキャラクターはともかくとして、脇役なんかソックリだし。アングルも「あ、ここ読んだ!」と思うくらい。おそらく、原作そのままにしようとすれば、このくらいの上映時間になってしまうのだろう。でも、原作ではこの後も出てくるはずのキャラクターの何人かが、画面に登場しなかったから、後々どうやって帳尻を合わせるんだろうか?と思ってしまったり。

 映画だったら、もっとばっさりとエピソードを削って再構成するという手もあったと思う。それをやったらつまらないモノになっていただろうとも思う。いや、そもそも原作が群像大河コミックなので、映画という枠に嵌めちゃっていいの?でも、あのスケールとかは映画じゃないと、とも思う。

 こんな風に考えてしまうのも、私自身が映画の主人公たちと同世代だからか。(主演の唐沢寿明なんて、誕生日、誕生年まで一緒!)まさにストライクど真ん中。映画の中の少年達がまんま重なる部分が多いのだ。

 良かったか悪かったかは、3部作全部を見ないと分からないけれど、とりあえずこの第一部は、原作の再現という意味も含めて楽しめた。あー、原作読んでいない方が「ともだちって誰なのさっ」と想像できて楽しいかも(^_^;)

« 手数料30%は高いか安いか | トップページ | 【映画】ウォンテッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/42466569

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】20世紀少年:

« 手数料30%は高いか安いか | トップページ | 【映画】ウォンテッド »