« 中国のIT戦略…なのか? | トップページ | 【映画】容疑者χの献身 »

【映画】アイアンマン

 トニー・スターク、武器製造業スターク・インダストリィ社CEOにして天才。アフガニスタンでの新兵器デモンストレーションの帰路、テロ組織の襲撃に遭い拉致されてしまう。体内に刺さった爆弾の破片から心臓を守るべく胸に電磁石を埋め込んだ彼は、テロリストの要求に応えると見せかけパワードスーツを作成、瀕死の状態で脱出する。<br /> 帰国した彼は、自社の兵器がテロに使用されていたことから、兵器の製造販売の中止を発表。その一方で守るための力としてパワードスーツの開発に着手、完成させる。パワードスーツの力で小さな村をテロリストの手から救った彼だったが、その周囲には陰謀の黒い影が渦巻いていた。<br /> アメコミのヒーロー、アイアンマンの実写化作品。

 嫁さんと一緒に109シネマズ港北で『アイアンマン』を観る。もっと早く観たかったのだけれどタイミングが悪くて遅くなってしまった。イイ!と言う評判は聞いていたので、ワクワクしながら観る。期待を裏切らない出来映え。いやぁ、時代はおっさんヒーローですよ!敵もおっさんばっかりだけど。

 アメコミ原作だから、ありえねーという部分はあるけれど、それをぶっ飛ばす位の燃える展開。パワードスーツで空を飛ぶとか、男の子のヒーロー願望詰め込みまくり。ちょこちょこ挟まれるウィットも効いていて、自律型の作業アームの小さなエピソードなんかグッと来る。

 アメリカでは『ダークナイト』と合わせて大ヒット、次回作の制作も決定されたというのに、なぜ日本ではそれほど受けないのか不思議。テレビで強化スーツ着込んだヒーロー特撮ものが溢れているからとも思えない。むしろ特撮モノを観ている人は、『アイアンマン』の格好良さに興奮すると思うのだが。やはり、女性層に受けるようなイケメンも出ていないし、色恋沙汰も最小限しかないところが女性客を呼べないのかもしれない。映画館が女性を優遇してきた弊害かっ!?ウチの嫁さんは面白いと言っていたので、女性も是非観てください。「男(の子)って、こんなことで喜ぶんだ」と笑ってくれていいから。

« 中国のIT戦略…なのか? | トップページ | 【映画】容疑者χの献身 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたー(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

2か月に1度くらいは綱島に髪を切りに行っているので、近いうちにまた会いましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/42855641

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】アイアンマン:

« 中国のIT戦略…なのか? | トップページ | 【映画】容疑者χの献身 »