« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

変な動作

コネタマのネタに参加したページをmixiに貼ったところ、別のページに飛ばされるというコメントを貰った。

ココログのソースには該当するURLの記述はないので、コネタマのJavaScriptが怪しい。

原因を切り分けるために、テストしてみよう。

続きを読む "変な動作" »

ケータイ新モデル

ケータイもそろそろ買い換えかな?と思っている。
前回の買い換えが約1年半前、通話料も高い。

とはいえ、ドコモを使い続けて10年以上、今更別のキャリアに替えるメリットもない。キャリアを替えたいほど魅力的な端末というのもないし。

具体的には、PRIME のPかN、ProのSHあたりを考えている。
ただ、Nは反応がイマイチだという評判も見かけたので、やっぱり実際にいじってみないとね。

今後、Android端末の販売も予定されているから、少し待って見るのも手か。

本音を言えば、携帯電話にそれほど機能は必要ないと考えている。
音声通話とメール、いざという時にデータ通信。カメラはあってもなくても。FelicaもGPSも(遊ぶには面白いけれど)絶対必要か?といわれれば疑問。要するに必要最低限で安ければいいのだけれど。
じゃぁなぜスマートフォンなんかを買い換えの候補に挙げているかというと、もうこうなったらPCの代わりになるものにしちゃうか?と思っているから。半ばヤケだな。

個人的な理想を言えば、高くて高機能なモデルと安くて単機能なモデルの二極分化、そして将来は、携帯電話のBTOが可能になればいいと思っていたり。

コネタマ参加中: 携帯'08年秋冬モデル登場! どれが欲しい?

ごはん党

基本ごはん党なので、なんでもイケル。ひとつだけを選ぶのは難しいけれど、ベスト3を選ぶなら…。

  • 納豆
  • 金松梅
  • 塩辛

かな?

納豆はバリエーションが付けられる点が良い。
においが苦手な人は、細かく刻んだ高菜を混ぜるといい。粘りが苦手な人は大根おろしに和えるといい。好きなのは、ネギ、卵とオーソドックスだな。

ただ、金松梅も塩辛も市販のモノが最近塩分が強いような気がする。やはり歳をとって、塩が不要になってきているのか>身体。

コネタマ参加中: これさえあれば、ごはん3杯!

【映画】X-ファイル:真実を求めて

 11/19、川崎の109シネマズで嫁さんと『X-ファイル:真実を求めて』を観る。レディスディだったので女性客多し、レイトショーだったにも関わらず7,8割席が埋まっていた。まぁ、小さいスクリーンだったからだけど。

続きを読む "【映画】X-ファイル:真実を求めて" »

 ある日突然、夜空から星々が消えた。地球が奇妙な膜に包まれたために。後に“スピン”と呼ばれる現象は、地球を包み込むだけでなく、時間の流れからも取り残した。地球上での一年が、スピンの外では一億年となる。50年後には太陽の寿命とともに地球は滅んでしまう。人類は時間の流れ違いを利用して火星をテラフォーミングし移住する計画を立てたのだが…。

 

続きを読む "" »

【映画】イーグル・アイ

 109シネマズ港北で『イーグル・アイ』を観る。公開4週目ということもあって、観客は私を含めて5人と寂しい。

 予告編見た時から、SFでは使い古された感のあるアレがネタなんだろうなぁと予想はしていたけれど、正にその通りで何のひねりもなく。自分たちを誘導しているモノが何なのか知ってからも(多少の抵抗は見せるけど)唯々諾々と従ってしまう主人公たちって。正直なところ、もう一ひねりは欲しいところだ。

 気になったのは、カーチェイスやらアクションシーンでのカメラワーク。切り替えが早かったり臨場感を出すためかグラグラ揺れたりして、何が起きているのかが分かり辛い点。特に前半のカーチェイスは、もっときっちり見せてくれれば良かったのに。

 後半がグダグダな印象を受けるのは、視点が複数に分割されてしまうからだろう。クライマックスに向けてひとつに集約しないから、バラバラな感じ。例えば、早々に“アリア”を退場させておき、その残された謀略を防ぐ、といった展開であればと。うーん、私が捻くれすぎているのだろうか?

カレーの隠し味

コネタマ参加中: お宅の“カレーの隠し味”、教えて!

特別な者ではないけれど。

  • コーヒー
  • ビターチョコレート
  • はちみつ

は入れるなぁ。あとは気分でウスターソースとか。

隠し味じゃないけれど、クミン・シードは炒めて入れる。
じゃがいもは別に調理して、カレーには入れない。じゃがいもは冷凍に不向きだから。

彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス

 救命ポッドから回収されて目覚めると、そこは百年後の世界だった。百年前に始まった戦争は未だ継続中、しかも自分は教科書にも載る英雄となっていた。成り行きで艦隊司令となったギアリー大佐は、壊滅寸前の艦隊を率いて敵地のど真ん中から故郷への逃避行を開始する。軍の規律も戦い方も様変わりしている中、内心では戸惑いつつ艦隊を統率するギアリー大佐。果たして故郷への帰還は叶うのだろうか?

続きを読む "彷徨える艦隊 旗艦ドーントレス" »

エイリアン・テイスト

 狼に育てられた少年、ユカイア・オレゴンは、優れた嗅覚という特殊能力を使い相棒のマックスとともに人捜し専門の探偵をやっている。ある日警察からの依頼で惨殺事件の捜査に加わり危うく死にかける。そこから自らの出自の秘密、そして地球の存亡を掛けた陰謀へと事件は拡大していく。

続きを読む "エイリアン・テイスト" »

【映画】容疑者χの献身

 大森の湾岸地帯で男の絞殺死体が発見される。所持品はなく着衣は近くで燃やされ、貌は鈍器で滅多打ち、手足は判別不可能なほど焼かれていた。しかし、意外なほどあっけなく被害者の身元が判明し、やがて被害者の別れた妻、花岡靖子が容疑者として浮かび上がる。だが、容疑者には完璧なアリバイがあった。所轄の女刑事内海は、捜査中靖子の隣に住む男、石神と出会う。彼は天才物理学者湯川の同期であり、湯川が唯一天才と認める男であった。石神が靖子を庇っていると感じた湯川は捜査に乗り出す。天才物理学者と天才数学者の対決は、どのような結末を迎えるのか。
 同名小説の実写映画化。

続きを読む "【映画】容疑者χの献身" »

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »