« 【映画】1408号室 | トップページ | 記事タイトルに見る印象操作 »

著作権:ダウンロード違法化とまねきTV

私的録音録画小委員会:「ダウンロード違法化」で報告書まとまる iPod課金は「合意できず」(ITmedia)

 記事タイトルそのまま。ダウンロード違法化の方向で、iPod課金は見送りの方向となったようだ。前者はいろいろと問題を抱えたまま権利者側に押し切られた形だが、後者は踏みとどまったか。今後も議論されるようだが、官僚も権利者も、もっと一般ユーザーの声を聞かないと。権利者も、目の前のお金に執着していると、将来そっぽをむかれることになるとは考えないのか。あぁ、フェアユースとかさ、もっとみんなが幸せになる形がきっとあるはず。

 こちらも、権利者にとって頭の痛い話だろう。

TV番組ネット転送訴訟 NHKと民放5社の控訴棄却(J-CAST)

  NHKと在京民放5社が、インターネットを介して日本のテレビ番組を、海外などで視聴できるサービスを提供していて永野商店(東京)に対して、サービス差し止めなどを求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産高裁は2008年12月15日、著作権侵害を認めなかった一審・東京地裁の判決を支持し、テレビ局側の控訴を棄却した。

   永野商店は、ソニー製の映像転送機器「ロケーションフリー」をユーザーから有料で預かり、テレビ番組のデータをユーザーのパソコンなどに転送するサービス「まねきTV」を展開している。テレビ局側は、「不特定多数に送信するのは違法」などと訴えていたが、判決は、サービスは「1対1の送信機能」しか持たず、公衆送信にはあたらないとの見方を示した。

 なぜかJ-CASTの記事が一番速かったな。

 ITmediaの記事はこっち。

「まねきTV」は適法 知財高裁、テレビ局側の控訴を棄却

 「まねきTV」関連でテレビ局側が起こした請求や訴訟は、ことごとく永野商店が勝ってる。テレビ局相手にこれだけ一方的な裁判も珍しいのでは(^_^;)テレビ局もいい加減にしたらどうかと思う。こんな訴訟を起こす努力があるなら、その分良い番組作りをするべきではないのか。

 それにしても「まねきTV」のようなシステムは、在京テレビ局よりも地方局に打撃が大きいと思うのだが。地方でも首都圏の番組を見ることができるようになるわけだから、地方局の意味は無くなってしまうのではないかと。

« 【映画】1408号室 | トップページ | 記事タイトルに見る印象操作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/43455981

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権:ダウンロード違法化とまねきTV:

« 【映画】1408号室 | トップページ | 記事タイトルに見る印象操作 »