« ドーナツ盤 | トップページ | JASRAC対公取委 »

ミニ→マイクロ?

 スカートの話、ではなく、二極分化が進むノートパソコン市場の話。韓国のベンチャーが317gの小型パソコンを開発したというニュース。

317グラムのXPマシン「mBook」、3月末に日本上陸(ITmedia)

 重量317グラムの韓国社製パソコンが3月末にも日本に上陸する。「mBook」と名付けられたその小型パソコンは、韓国UMID社が製造、グループ会社でオンラインゲームのNeoLAB(東京都渋谷区)が日本で販売する。李相●(リ・サンギュー)NeoLAB会長は「小型パソコンと同等の性能を持つ世界最軽量のポケットサイズ。技術力の高い日本で旋風を巻き起こしたい」と意欲を示す。

 mBookは、ノートパソコンの性能と電子辞書サイズの融合を意識して開発された、新しいコンセプトのパソコンだ。サイズは横150ミリメートル×縦94ミリメートル×高さ18.7ミリメートル(バッテリー取り外し時)。「カバンに入れて持ち運ぶというよりも、ポケットに入れても大丈夫なように設計した」という。

 サイズは小さいものの、機能は小型パソコンに近いものを備えている。OS(基本ソフト)はウィンドウズXPを搭載(ビスタやリナックスにも対応)。記憶容量は4ギガバイト、8ギガバイト、16ギガバイト、32ギガバイトのいずれかで、マイクロSDカードも使用できる。液晶画面のサイズは4.8インチで、バッテリーで約7時間使える。無線LANなど多様なインターネット接続の対応も可能だ。

 今年1月末に量産体制に入り、品質テストを経て3月末に発売する予定。李会長は「販売ルートについては、携帯電話などの通信会社経由や、家電量販店、インターネットの通信販売など複数案で検討している」としている。本体価格は約4万8000~7万円程度の見通し。

 UMIDは起業4年目のベンチャー会社。韓国サムスン電子のスマートフォン開発チームのメンバーがスピンアウトしてmBookを開発した。「基盤や部品の配置、部品同士の干渉防止など、携帯電話開発のノウハウが十分に生かされ、最軽パソコンが誕生した」

 現在、世界のパソコン開発競争は、高性能ノートパソコンと小型パソコンの2つに集約されているとみられる。超小型のmBookは、携帯電話にパソコンの機能を加えたスマートフォンとも競合する。

 李会長は「日本メーカーは、小型パソコンとスマートフォンの両方で高い技術力を発揮してくるだろう。日本市場でmBookがどれだけ通用するかは、世界戦略を図る意味でも重要だ」とみている。

海外の記事は↓

World's 'smallest, lightest' laptop launches • Register Hardware

The mbook measures just 158 x 94.1 x 18.6mm and weighs only 315g, yet its diminutive 4.8in display has a 1024 x 600 resolution and appears to be stylus operated. A speaker sits on one side of the screen and a 1.3Mp webcam rests on the other.

Two versions of the machine appear to be available, one with a 1.1GHz Intel Atom processor and another with a 1.3GHz option. Both come with 1GB of memory, but the Flash-based storage provided ranges between 8GB and 32GB.

スペックをまとめると、

サイズ        158x94.1x18.6mm
重量          315g
ディスプレイ  4.8インチ(解像度:1024x600)
CPU           Intel Atomプロセッサ 1.1GHz又は1.3GHz
メモリ        1GB
その他、130万画素のWebカメラ、8GB~32GBまでのメモリーカードに対応

といったところか。ITmedia(産経新聞)の記事には触れられていなかったが、"stylus operated"と書いてあるし、見本市でスタイラスペンでの操作を行っている動画があったので、液晶はタッチスクリーンなのだろう。また、メモリが1GBということなので、XPはともかくVistaは辛いだろう。

これもミニノートのカテゴリに入るのかな?マイクロ、という名称ほど小さくはないと思うけれど。スマートフォンから「スマートノート」なんて言葉が連想されるけれど、それともなんだかイメージが違う。いずれにせよ、このスペックなら注目する人も少なくないと思う。

問題はディスプレイ。本体のサイズが小さいのだからディスプレイも小さくなってしまい、当然視認性は犠牲になる。それをカバーするためのタッチスクリーンなのだろう。その点を我慢というか気にしない人にとっては魅力的かも知れない。
個人的には、ウィルコムD4の使い勝手の悪さにびっくりした経験があるので、ディスプレイが小さいのはマイナスだ。そもそも、このサイズのディスプレイにWindowsというOSが合っているのか?ということを考えると、本体とOSをセットで開発する必要があるんじゃないかと思える。このサイズに近い小型パソコンはあるが、やはりWindowsなら10インチは欲しいところ。

この小型ノートパソコンを見て最初に思ったのは、DSというより少し大ぶりの電子辞書だなと。つまり、日本メーカーが作ろうと思えば作れるコンセプトのパソコンじゃないか?ということ。でも、日本メーカーがこうしたパソコンを作らないのは、やはりOSのことを考えてなのではないかと推測する。
小さいディスプレイでも操作性を損なわない、かつメモリ使用量が小さくWindowsとの互換性があるOS、と考えると、ちとハードルが高い。であるなら、キングジムのポメラのような割り切りが必要なんじゃないだろうか。

十数年前、DOSでチマチマやっていた頃を考えれば、ルック&フィール操作は小型パソコンにとって余計なのかも。

ちなみにポメラは値段がネックだと思う。今の値段なら、有線または無線での携帯電話との連携機能が欲しい。ポメラで書いた文章を携帯で送信できるとか、携帯メールをポメラから入力できるとかという機能があればいいのに。
意外と「なんでもできる」より「必要な機能だけ」の方が使い勝手は良いと思う。

« ドーナツ盤 | トップページ | JASRAC対公取委 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/44233985

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ→マイクロ?:

« ドーナツ盤 | トップページ | JASRAC対公取委 »