« 「子ども手当」政策どう思う | トップページ | 艦長の子 »

2009/07/24

ワイヤレス・ジャパン2009

09072301 22日に「ワイヤレス・ジャパン2009」を観に行く。そういえば、こうした見本市に行くのも久しぶり。特にワイヤレス技術の動向とかチェックしておかないと、と思っていったのだけれど…。
ワイヤレスというイメージ(あくまで個人的な)とは異なり、全体的に「携帯電話技術の見本市」の様だった。たしかにZigBeeのコンソーシアムが出展していたりもしたけれど、ほとんどが携帯絡み。RFチップなんてあやうく見逃すところ。

また、ドコモやKDDIなどのキャリア、シャープなどの大手メーカーと中小企業の差が極端だったようにも感じた。ブースの大きさだけでなく、技術的にも大手と中小の間を埋めるような規模の出展が見られない。

ワイヤレス=携帯電話という図式は間違ってはいないとは思う。WILLCOMの次世代規格やらWiMAX(WiMAXを携帯のカテゴリに入れるのはおかしいか)もね、携帯電話と無線LANのボーダーラインが曖昧になってきつつあるのかな?という印象は受ける。が、それにしても、だ。無線LAN技術って、こんなに元気なくていいの?という寂しさも一方では覚えるわけだ。

09072302 WILLCOMブースでは、次世代規格XGPがメインだったが、CES2009でプロトタイプを展示していた東芝製端末も目を引いた。バイブルサイズのシステム手帳に挟み込んで使える様になったネットビューアー。単にネットを見るだけなら月額980円は微妙かな?そこから何か、キラーアプリでもあれば食指も動くのに。

ドコモでは、iコンシェルジュを拡充を図っていくようで、次期端末からGPSによる位置情報を常にサービスに送信することもできるようになる計画だそうな。それ前提で、近くの友人にメールを送信する「投げメール」なんてサービスも成り立つわけだ。
09072303 それにしてもカメラに写った景色に情報をオーバーレイ表示する「直感ナビ」って、アニメ『東のエデン』の“東のエデン”システムに似てるなぁ。あっちはリアルタイムのクチコミ情報だけど、「直感ナビ」が進化すればアレに似たこともできるようになるのかも。

WiMAXは元気だった。初日であまり人がいなかったのにも関わらず、注目も集めていたようだ。がんばって欲しいなと思う。その影でひっそりと展示されている「iBurst」。数年前に無線LAN関連書籍を書いた時には、ちょうど名称も正式決定してこれから、って感じだったのにねぇ。

そんな侘びしさを覚えつつ、帰路についたのだった。

|

« 「子ども手当」政策どう思う | トップページ | 艦長の子 »

コメント

ジャパンってなに?

投稿: BlogPetのシャム | 2009/07/26 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤレス・ジャパン2009:

« 「子ども手当」政策どう思う | トップページ | 艦長の子 »