« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

平成21年度富士総合火力演習

仕事の関係で、チケットを手配して貰った「富士総合火力演習」に行ってきた。

初めての参加だったので事前にネットで調べると、なんだかものすごく混雑するという。自宅からだとどうしても遅くなってしまうので、少し歩くけれど始発のある駅まで徒歩で移動。4時に家を出たのだが、少々早く着きすぎてまだ構内に入れなかった。それにしても、明け方まだ暗いのに人が大勢いることに驚いた。新宿や渋谷ならともかく。

東海道線の中で、友人と合流。5時台の電車なのに、車内は混雑している。車輌が短いこともあるだろうが、休日に早く移動する人たちがこんなに多いことを知る。国府津から御殿場線に乗り換える。子供の頃から国府津には良く来ているのに、御殿場線に乗るのは初めてだ。御殿場駅には7時半前に到着。しかし、この駅、ICカードに非対応ということで現金で精算しなければならなかった。これで30分くらいロス。JR東海もICカード導入したからと思って油断していた。
御殿場駅を出るとすでに長蛇の列。15分程度でピストン輸送している。何とか会場に辿り着くともう半分くらい埋まっていた。001

もし来年も来ることがあれば、御殿場で一泊か、車移動だなぁ。

続きを読む "平成21年度富士総合火力演習" »

【映画】サマーウォーズ

109シネマズ川崎で「サマーウォーズ」を観る。近場では、ここでしか上映していなかったので、満席だった。1時間前だったのに、ギリギリ最後の1枚をゲット。

正しくジュブナイル。
子供が観ても楽しめるだろうが、大人が観れば何かが心に残る、そんな映画。
特におばあちゃんがいい。声は冨士純子。アフレコに慣れていない人が声をあてることに否定的な私だけれど、さすがにベテラン女優。前半は、おばあちゃんの一人舞台といってもいいくらい、キャラが立っていた。

今回は、満席で最前列の右側という最悪の席だった(最前列は『未知との遭遇:特別編』以来か?)のだけれど、前半で気にならなくなった。そのぐらい、引き込まれてしまった。
ストーリーは、王道といえば王道。「いや、これで終わるはずない」と思っているとその通りの展開になったりしたが、それでも許せるというか、気にならない。むしろ、奇をてらうことなく話が進むことで、すーっと身体に入ってくる感じがした。途中、演出なのか、作画が崩れた場面がいくつかあって、それにはやや興醒めな部分もあったが。

実を言えば、いいおっさんが、途中で泣いてしまった。1回目は、おばあちゃんから家族への手紙のシーン。そして、花札対決で全世界の人々が協力してくれるシーン。ありきたりといえばありきたりだけど、それを盛り上がる演出で見せる。
エンドクレジットが流れ終え、場内が明るくなるまで席を立つ人がほとんどいなかったこと、みな無口になっていたことが、すごく印象的だった。

それにしても、ジュブナイル=山下達郎だよなぁ。

らくがき

Neta_013_cocolog_oekaki_2009_08_12_

夏だけに蚊取り線香

コネタマ参加中: 【落書き】Zくんに好きな黒目を描いてください

【映画】シンケンジャー&ディケイド

109シネマズ港北で『侍戦隊シンケンジャー』『仮面ライダーディケイド』を観る。さすがに夏休みだけあって、チケット売り場も劇場内も親子連れで溢れかえっていた。しかし、自由勝手に走り回ったり暴れ回ったりしているガ…お子さんたちには、少々イライラとさせられる。公共の場なんだから、親はもう少し静かにさせられないものかね。
上映はシアター2だったが、6割くらいの入りか。

続きを読む "【映画】シンケンジャー&ディケイド" »

こっそりTwitter

始めるかどうか、すごく悩んだ。
だって、仕事に集中しなくなることが目に見えているから。

mixiのエコーですら、チェックしちゃったからねぇ。

それでも、広瀬香美が背中を押してくれたのでw
こっそりとTeitterはじめた。

http://twitter.com/hiromizuno/

高崎行き

高崎に行った。
父が教室で使っていた花器(ご厚意で預かっていただいていた)を車に積み込み、高崎観音へ。こちらで花器を預かっていただく。

09080804 父と観音山とは、いろいろと縁がある。万灯会(まんどうえ)が近いというので、供養の灯籠を頼んできた。私は、嫁さんに土産として仏手柑(ぶっしゅかん)の飴を購入。

行きは、中央高速から環八を通って関越というルートだったが、帰りは関越~圏央道~中央高速というルートを通った。しかし、帰りは渋滞していたため、行きよりも時間がかかってしまった。しかも、「ETC土日1000円割引」の範囲にほとんど入っていない!トホホ。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »