« ルーターのこと | トップページ | 【映画】2012 »

Windows7とかHDDとか

数ヶ月前から、起動ドライブがいっぱいいっぱい。まぁ、32GBしかないディスクなので仕方がない。購入した時は突然マシンが壊れて緊急で必要だったのと、お金がなかった(これは現在もだorz)ので仕方がないといえばしかたがないのだが、折を見て交換しておくべきだった、などと反省していても仕方がないので、320GBのHDDを購入する。あ、容量10倍だ。これが¥5000以下で買えちゃうんだから、怖いなぁ。

買ってきた翌日にHDDを取り付けようとしたら、ケーブルがない。確かSATAのケーブルが余っていたはずなんだが、探しても見つからない。仕方がないので、次の日、ケーブルを購入。念のため、電源ケーブル一体型のSATAケーブルも購入。(これは不要だったが)

起動ディスクを交換するとき、1.新しいディスクにOSを新規インストール、2.古いディスクからシステムごとコピー、というふたつの方法があるが、今回は後者を選択。いろいろと設定する時間が面倒だから。ノートパソコンなら、ためらいなく1なんだけど。

さて、接続してコピーしようと思ったら、今度はコピーツールがうまく動作しない。これまで何度か使ってきたつーるなんだけど、バージョンアップせずにいたのが悪かったのか?いやいや、CDブートのツールなのに、ブートしないんだからそれ以前の問題だろう。別のメーカーのコピーツールも持っていたので、こっちを使ってみると、ブートはすれども動作がおかしい。

しかたがないので、コピーツールを買いに行く。と、ちょうどWindows7の発売日。RC版は入れて試していたけれど、いずれ製品も買うつもりでいた。ProfessionalかUltimateのどっちにするか悩んでいたのだが、ちょっとだけ安くなっているのでProfessionalを購入した。

帰宅して早速HDDのコピー、と思ったら、コピーツールがユーザー登録を強要する。さすが安いだけはある。安いと言ってもそれなりの値段はするわけで、これなら、もう少し足して持っているツールのバージョンアップ版を購入すればよかったかもしれない。しかし、そっちはWindows7対応版が出てからバージョンアップしようなどと、せこい考えをもっていたために見送ったのだった。
それでも、コピーはきちっと行われた。きちっと行われたけれど、容量もそのままのコピーしかできないでやんの。なんという安物買いの銭失い。
手持ちのパーティションツールの中で動作する物を選択して、パーティションの変更。
なんとか起動ディスクの交換に成功。この時点で日付が変わっていた。そのまま、溜まっていたVistaのWindowsUpdateが始まる。仕事の関係で、IEを8→7に戻していたために、IEのアップデートがあり、Vistaのサービスパック2のインストールがあり、でひっきりなしに再起動する。ちなみにVistaのSP2のインストールには7GBの空き容量が必要で、空き容量の足りない前の起動ディスクでは、SP2の適用ができなかったのだ。それもHDD交換を決めた理由だ。

やっとのことでWindowsUpdateが終わった後、もう毒を喰わらば皿までという感じでWindows7のインストールを開始。HDDの交換で苦労したので、意外なほどアッサリ終わった。ちなみにVistaの置き換えではなく、RCを上書きする形でインストール。Vistaと7のデュアルブート環境だが、しばらくはVistaメインだろう。

« ルーターのこと | トップページ | 【映画】2012 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

起動って…なんだろう…?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/46563573

この記事へのトラックバック一覧です: Windows7とかHDDとか:

« ルーターのこと | トップページ | 【映画】2012 »