« ソ連の50周年 | トップページ | 【映画】オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー »

代替エネルギー

 今回の計画停電で、如何に自分たちが電気に依存した生活を行ってきたのかを改めて感じた。家電製品はエコの名の下に省電タイプ、節電タイプになっていたはずなのに、それでも発電量は追いつかない。それだけ電気を使うモノが増えたということだ。
 こうなると、もはや原子量発電所なしでは生活が成り立たない。原子力発電所に反対する人々は、自然エネルギーを使えばいいというが、それでどれだけ賄えるというのだろう?

 たとえば、太陽光発電。
 太陽の出ていない夜間は発電できないし、太陽が出ているからといって、太陽からの光をすべてエネルギーに変えているわけではない。現在の発電効率は20%以下だし。また、ガラス面が汚れればそれだけ発電効率が落ちる。太陽光パネルは都市部では通常屋根などの高いところに設置されるが、そうなればパネルを掃除するだけでも落下の危険が生じる。瓦屋根に乗せる形のパネルなんか、どうやって掃除するというんだ?煙突掃除ならぬ、「おいらはパネル掃除屋さん♪」という職業が生まれるのだろうか?ほかにも経年変化といった問題もあるし、なにより発電コストが高い。

 たとえば、風力発電。
 たまたま3月はじめに与那国島へ取材に行った際、2基の大きな風力発電施設を間近で見ることができた。正直、すさまじい風切り音で、人里離れた場所じゃなければ作れないなと感じた。大きな羽がグルグル回る様は、遠くから眺める分にはいいが、近くによってみると怖さも感じてしまう。そもそも、一年中強い風が一定方向から吹く、ある程度広い土地なんて風力発電に適した条件を持つ場所が日本にあるのだろうか?海の上?コストどのくらい掛かるの?ついでに言えば、風力発電のプロペラが起こす擾乱によって、レーダー観測にも影響があるそうだ。また、風を使って滑空するような鳥にとっても、風力発電プロペラは大敵だという。
 そして、太陽光発電も風力発電も、天候に大きく左右される。天気の悪い日や風のない日は発電できない。そんな日は電気を使わない生活を、なんてできるのか?

 たとえば、地熱発電。
 日本は地熱発電のプラントを輸出している。しかし、国内では商業ベースでは運用されていない。発電コストが高いということもあるが、地熱発電に適している場所が温泉地でもあるということが大きい。地熱発電プラントを建設するためには、少なからぬ影響を源泉に与えてしまう。となれば、すでに温泉で生計を立てている人々にとっては、邪魔者でしかない。
 太陽光発電や風力発電、地熱発電がだめなら、火力・水力があるじゃないかと考えてみる。おお、そうだね、火力発電所バンバン作って二酸化炭素をどんどん排出しよう!水力発電のダムをがんがん造って、自然破壊を進めよう!原発反対派で環境派って、矛盾をはらんだ存在なのかも。

 こうなれば、昭和初期の電気を使わない生活に戻るか、原子力発電所を作るか。現時点では、その選択肢しかない。であるなら、私は原子力発電所を作る方を選ぶ。そして原子力発電所を作るなら、首都圏に作るべきだとも思う。むしろ、今まで都市部に作らないのはなぜだろうとずっと疑問に思ってきた。
 電力会社や政府の言うように、絶対安全ならどんな場所に作ってもいいわけで、それなら消費電力の大きい都市部に作る方が効率はいいはず。いみじくも、耐震性能は今回の地震で確認されたのだから、あとは津波対策だろう。非常用電源にしても、都市部に近い方が手当しやすいはずだし、近年言われるテロ対策だって、都市部の方が警備する人でも多くかき集められるのだから問題ない。

 それでも首都圏に原子力発電所は作らない、作れないというのなら、どうだろう?福島原発に近いいわき市を新首都にするというのは?もちろん、政府・官僚機構は原発の間近に作って。絶対安全なんでしょ?

 とまぁ、これだけじゃ普通なので将来の発電技術についても考えてみよう。上に挙げた以外にも、潮力発電や人力発電とかはあるけど、商業ベースに乗るような低コストで安定した電力をまかなうことはできていない。将来有望な発電技術としては、やはり、「核融合」と「太陽光発電衛星」だろう。核融合については、毎年のように常温核融合に成功したとかいう眉唾物のニュースが流れるけれど、核分裂でもやっとこさっとこな人類にはまだ少し早いのかなと思ったり。
 となれば、やはり太陽光発電衛星でしょう。越えなくてはいけないハードルとしては、宇宙空間での太陽光発電パネルの組み立て方法や電力の輸送方法といった問題がある。前者については、今JAXAが取り組んでいる「REXJ」がうまくいけば、大きな前進になるハズ。理想としては、発電プラント+発電素子プラントを一緒にしたものを軌道上に建設し、効率の下がった太陽光発電パネルを自動的に交換していく、なんて衛星ができればいいな。後者に関しては、マイクロウェーブでの送信が考えられるけれど、人体に与える影響とかを考えると人の住んでいる地域に受信設備を作るのは、少し危険かもしれない。沖ノ鳥島に受信設備作ってしまうってのはどうだろう?周囲は海だし、少しくらいビームが外れても平気でしょう。

« ソ連の50周年 | トップページ | 【映画】オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38977/51221691

この記事へのトラックバック一覧です: 代替エネルギー:

« ソ連の50周年 | トップページ | 【映画】オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー »