« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪(おとな)う

ある日、突如としてロンドンを襲った「人化現象」。ある範囲に入ると人狼や吸血鬼は人に戻り、ゴーストは消滅してしまう。関与を疑われた”魂なき者”アレクシアは、疑いを晴らすべく、人化現象と調査に向かった夫、マコン卿を追い飛行船でイングランドへと向かう。そこは、かつて夫が支配していたにも関わらず、捨てた土地だった。

異世界人と人間が共存するヴィクトリア時代を背景に、アレクシア女史の活躍を描く英国パラソル奇譚の第二弾

続きを読む "アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪(おとな)う" »

闇の船

 支配階級である<善き人びと>の一員である父の船で、襲われるアテナ。しかも、襲ってきた相手は、父の護衛チーム。辛くも脱出したアテナだったが、敵に先手を打たれ行き場所を失う。パワーツリーの中で絶体絶命のアテナを救ったのは、伝説と思われていた『闇の船』、しかも、その船を操っていた男は、猫のような目と身体能力を持っていた!
 その男――キットに彼らの隠れ家、小惑星エデンに連れてこられたアテナは、密かに脱出し地球に戻ることを決意するのだった。

 自由奔放に育った美少女の波瀾万丈なアドベンチャー。

続きを読む "闇の船" »

【映画】 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

109シネマズMM横浜で『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』を観る。大きなスクリーンだけど、客の入りはポチポチくらい。平日だし。でも、空いていたおかげでエクゼクティブシートで鑑賞できた。そういえば、「けいおん!」の予告編が流れていたけど、中身はテレビシリーズの画だったような。その前についていた鑑賞マナー呼びかけは新作だったけど(^_^;)

セントラルの刑務所から脱獄した男は、奇妙な錬金術を使う男だった。しかも、仮出獄の直前、突如として指を噛みちぎり、両手のひらに血で書いた錬成陣を使ったという。脱獄した男を追って、エルリック兄弟は西の隣国クレタとの国境にあるテーブルシティへと向かう。しかし、列車がテーブルシティに到着寸前、クレタのスパイである狼キメラが出現、さらに脱獄した男、そしてクレタの虜囚を運ぶ列車を襲った"黒蝙蝠"の一団も現れ4巴の乱戦が起きる。その乱戦のさなか、クレタからテーブルシティに密入国した少女とアルフォンスは、谷底へと落下してしまう。
離ればなれになったエルリック兄弟が見た真実とは?そして聖なる丘に隠された秘密とは?

続きを読む "【映画】 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星" »

【映画】 ゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊199ヒーロー大決戦

「プリンセス・トヨトミ」に続いて「スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」を観る。観客は10組みほどで、親子連れは2組み。平日ならこんなものか。

 後にレジェンド大戦と呼ばれることとなる、ザンギャック帝国とスーパー戦隊との死闘から数年。再びザンギャック帝国が地球に狙いを定めた。しかし、スーパー戦隊の力を受け継いだのは、なんと宇宙海賊だった!
 ある日、ゴーカイジャーとザンギャックが戦っている中、ゴーカイジャーたちの手からスーパー戦隊の力を秘めたレンジャーキーを奪い取る者達がいた。地球を守る護星天使、ゴセイジャーたちだ。レンジャーキーの力を使ってゴセイジャーの力を取り戻した彼らは、ゴーカイジャー達にゴセイナイトのレンジャーキーを返せと迫る。素直に従うはずもなく、海賊対天使の戦いが始まってしまう。
 同じ頃、ザンギャック艦隊に謎の黒い影が迫っていた。その正体は、ゴレンジャーに倒された黒十字団の首領、黒十字総統が怨念によって地獄から蘇った姿、黒十字王であった。黒十字王は、ザンギャックと同盟を結び、再び地球侵略へと乗り出した。どうなる?地球!

続きを読む "【映画】 ゴーカイジャーゴセイジャースーパー戦隊199ヒーロー大決戦" »

【映画】 プリンセス・トヨトミ

 映画の日に109シネマズMM横浜で『プリンセス・トヨトミ』を観る。
 上映開始からしばらく経っているのに、5割くらいの入り。結構集客しているんじゃない?右隣の女性二人連れが途中でゲラゲラ笑うのと、斜め前のおばさん二人組がヒソヒソしゃべっていたため、なんかなーと。

 ”鬼の松平”とあだ名される会計検査院調査官、松平は、部下の鳥居忠子、旭ゲーンズブールともに大阪を訪れる。調査の途中、大阪城の保存事業に取り組む「OJO」に疑念を抱いた松平は、詳しい調査を開始するが何も出てこない。まるで大阪中がグルになって騙しているかのように――。そして、松平が真相に近づいた時、彼の目の前に現れたのは意外な人物だった。
 隠されていた大阪国の秘密を巡る物語。

続きを読む "【映画】 プリンセス・トヨトミ" »

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »