« 2013年2月 | トップページ | 2013年9月 »

朝日の社説を読んで思ったこと

朝日新聞には論理的思考ができる人間はいないのだろうか?
タイトルからしてツッコミどころ満載だが、とりあえず前段。
 原発テロを想定した訓練を請け負う会社が米国にある。
 レーザー銃で「武装」した模擬部隊を編成し、実際に原発に突入する。迎え撃つのはやはりレーザー銃を持つ発電所の警備隊。レーザーが当たれば相手は倒れる想定だ。テロリストに原発が占拠されるか、警備隊が勝利して安全を守りきるか。
 米原子力規制委員会(NRC)が最低3年に1回、原発で行う「フォース・オン・フォース」という訓練だ
 アメリカではテロに備えて訓練していますよ、という話。訓練だからレーザーだけど、実際の警備では実弾なんだろうな。朝日新聞にしては珍しく、原発を自衛隊が警備しろ、という論調かと思いきやそんな訳がない。まず、海外の権威(?)に危険性を指摘させる。自分で指摘しているわけじゃないところがミソ。

続きを読む "朝日の社説を読んで思ったこと" »

低ソニックブーム設計実証実験「D-SENDプロジェクト」

■音速を超えると発生するソニックブーム

 私たちの日常生活の中で、空気の圧力(大気圧)を意識している人は少ないでしょう。けれど、速く動くものに対して、空気は大きな壁となります。たとえば、車で高速道路を走る時には、車体に風圧を感じます。運転している人は、ハンドル操作で空気の抵抗を感じることができるでしょう。また、新幹線に乗っていて、対向する車両とすれ違う時やトンネルに入ったりする時に、ドンという衝撃を感じるでしょう。高速で移動する航空機では、もっと大きな壁になります。そして、音速を超えて飛行する場合には、機体や翼から衝撃波が発生するのです。

続きを読む "低ソニックブーム設計実証実験「D-SENDプロジェクト」" »

« 2013年2月 | トップページ | 2013年9月 »