« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/22

採算を取るのは難しい宇宙産業

少し古い話だが。
 大阪府東大阪市の町工場が中心となって作った小型衛星「まいど1号」の開発拠点だった宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の東大阪事務所が今年度中に閉鎖されることになった。
 小型衛星用の本格的な実験装置を備え、関西の宇宙産業発展の起爆剤にと、期待されたが、同様の設備を導入する大学が増えたことなどから利用が減り、約10年で役割を終えることになる。
 この見出しはちょっと違うんじゃないかと思う。それはそれとして、CMにもなったので、覚えている人もいるだろう>まいど1号。その協力をしていたJAXAの拠点が閉鎖されたというお話だ。このニュースを聞いてすぐに思い出すのは、「日本ロケットの父」糸川博士が、松下幸之助氏に言われたという一言。
「糸川先生、そないなもん、もうかりまへんで。50年先の話や」(*1)
 つい最近になって、ようやく日本の宇宙産業も軌道に乗りつつある状態になったわけだから、松下氏の目は確かだったといえるのかもしれない。一方で、当時から松下グループが宇宙開発に協力的だったらどうなっていただろうと思わずにはいられない。

続きを読む "採算を取るのは難しい宇宙産業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »