2008/01/25

厨の研究 おまけ(続き)

メールの振り分け・自動返信(続き)

●メールの自動返信を設定する

 メールの自動返信は、メールの振り分け機能を利用して行います。まず、返信用のメールメッセージを作成しておき、メールの振り分けの「指定したメッセージで返信する」で差出人に作成したメッセージが返信されるように設定します。

続きを読む "厨の研究 おまけ(続き)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/23

厨の研究 おまけ

メールの振り分け・自動返信

 Windows Vistaに搭載されているWindowsメールを例にとり、自動振り分けと自動返信の設定方法を紹介します。迷惑メールなどは自動振り分け機能を使って、新たに作成したフォルダに移動させておけば鬱陶しさは少なくなります。自動返信機能なら、迷惑メールの送信者(厨)へのけん制になるかもしれません。

続きを読む "厨の研究 おまけ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/21

タイムスタンプを利用した存在証明サービス

 「ウェブ魚拓」と同様にウェブページのキャッシュを保存するサービスだけれど、データ自体をローカルに保存することと、タイムスタンプを利用する点が異なるようだ。

「Webページの存在証明」サービス キャッシュと日時を保存(ITmedia)

 「なくなったWebページを『見た』という事実を、どう証明しますか」――ソフトウェア開発などを手がけるケーシーエスと、茨城大学工学部の研究チームは1月21日、Webページをキャッシュとして保存し、そのキャッシュに対してタイムスタンプを発行するサイト「Webページの存在証明サービス」を始めた。

 キャッシュを閲覧日時の情報と一緒に保存しておくことで、キャッシュの元となったWebページがその日時に存在したことを証明でき、「Webによる電子商取引や、Web文書の法的根拠を主張したい場合などに利用できる」としている。

 サイトで保存したいWebページのURLを入力すると、キャッシュファイルとそれに対応するタイムスタンプのファイル入りZIPファイルをダウンロードする。

 ダウンロードしたキャッシュファイルとタイムスタンプのファイルをサイトでアップロードすれば、実際にキャッシュが作成された当時から変更されているかどうかを判定。変更がなければ「変更がありません」と表示される。

 コンプライアンスを重視する企業でのニーズを見込むが、当面は無料の試験サービスとして提供する。

続きを読む "タイムスタンプを利用した存在証明サービス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/20

厨の研究 目次

分かりにくくなっているので、「厨の研究」に目次を付けてみました。

厨の研究(1) 厨の起源

厨の研究(2) 騙り厨/乗っ取り厨

厨の研究(3) パクリ/転載厨1

厨の研究(4) パクリ/転載厨2

厨の研究(5) パクリ/転載厨3

厨の研究(6) なりきり厨

厨の研究(7) 押しかけ厨

厨の研究(8) ネットストーカー

厨の研究(9) 親厨/派生厨

厨の研究(10) 厨の考察

厨の研究 おまけ Windowsメールの自動振り分け機能

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/05

厨の研究(10)

8.厨の考察

厨であるがゆえに

 ここまで厨の行動をいくつか(といっても狭いカテゴリーの中だけですが)挙げてきましたが、「なぜこのような(厨な)行動を取るのだろうか?」という疑問が根本的な問題として浮かび上がってきます。

続きを読む "厨の研究(10)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/29

厨の研究(9)

7.派生する厨

子が子なら親も親

【ケース16】
 そろそろプロバイダに通報しようかと思うほど「ブログ寄こせ」とメールを送ってきた厨だったが、ある日、厨の母親を名乗る人物から「子供が欲しがってるのだからあげてもいいでしょ?それともお金が欲しいの?」というメールが──。

 類は類を呼ぶというのでしょうか、厨の周囲には厨(あるいは厨的な)人々が存在する確率が高いように思えます。(確証はありませんが)

続きを読む "厨の研究(9)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

厨の研究(8)

6.近くにいたいの~忍び寄る恐怖

教えていないのになぜか知っている

 厨というか、犯罪者予備軍という気もしますが…。

【ケース14】
 とあるジャンルから別のジャンルに移動する(同人活動をするジャンルを変更する)のを機に、サイトの場所も管理者名・ハンドル名を変更した。しばらくして「(前のジャンル)で活動されていた○○さんですよね!一目でわかりました~」とメールが送られてきた。送信者からの粘着が嫌でジャンル変更してつながりを切ったつもりだったのに──。

【ケース15】
 よく感想を送ってくれる人がいきなり「○○さんって××県の××に住んでいるですよね!高校は△△で、大学は□□ですよね!」というメールを送ってきた。そんなこと教えていないのになぜ知っているのだろう?そして「近くまで行くので会ってもらえませんか?」というメールが──。

続きを読む "厨の研究(8)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

厨の研究(7)

5.追いかけて押しかけて

うちは宿でも合宿所でもねぇぞ!!

 なりきり厨以外にも精神的・肉体的被害をまき散らす厨がいます。自宅や職場に押しかけてくる「押しかけ厨」です。

【ケース12】
 暮も押し詰まったある日、家の前に見知らぬ女性が立っていた。「●●さん、泊まらせてください!アシします!売り子しますから!」いや、誰も頼んでないし。っていうか、、あなた誰?

【ケース13】
 故郷の友達からメールが来た。「イベントに行くので泊まらせて。あ、友達2人も一緒だからよろしく!」よろしくと言われても、一人暮らしの部屋に3人も泊めるスペースないし、友人ひとりならともかく見ず知らずの人を泊めろと言われても──。

 以前、2ちゃんねるの同人板に「うちは宿でも合宿所でもねぇぞ!!」というスレッドが立てられました。これは地方在住者がイベントの度に都心居住者の知人宅に泊まりにくるという話を書き込むスレッドだったのですが、次第にその内容が知人・友人レベルではなく、まったく知らない相手の家にいきなり「泊めて」とやってくる話が多くなって行きました。

続きを読む "厨の研究(7)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/20

厨の研究(6)

4.あれは私で、私があれで

人に迷惑をかける『なりきり』とは

 騙り・乗っ取り・パクリ・盗用は、精神的には大きなダメージを受けるかもしれませんが、さらに肉体的な被害を及ぼす厨もいます。

【ケース10】
 街を歩いていたら、いきなり見ず知らずの女性に「●●ッ!」と知らない名前で呼びとめられ、「誰のことですか?」「私は●●ではありません」といってもとりあわず、何か得体の知れないアクセサリを渡された。最後に「また会いに行くから!」と言われたけれど──。

【ケース11】
 喫茶店でバイト中。最近よく見かける挙動不審の人がだんだんと増殖して、今では集団でやってくる。挙句の果てに私や店長を変な名前で呼び始めた。余りに迷惑だったので注意すると、「折角思い出させてあげようとしたのにっ!」と怒りだし、店内で暴れられた──。

続きを読む "厨の研究(6)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厨の研究(5)

3.著作権なんてしらないよ(続)

盗用が発覚したら

 あなたの作品が他人に登用された場合、どのような対処をすればよいでしょう?まず、『あなたがどうしたいか』によります。もし事を荒立てたくない、係わり合いになりたくないと思うのなら、見なかったこと知らなかったことにして忘れてしまってもいいでしょう。ですが、多くの人々は何とかしたい、最低でも盗用をやめさせたいと思うはずです。

 盗用を発見した場合でも、いきなり「作品を取り下げろ」といったメールを送るのは逆効果です。相手に盗用を認めさせ、それをやめさせるにはしっかりと証拠を固める必要があるでしょう。

続きを読む "厨の研究(5)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧